転職方法について

転職を考える上でベストなタイミングとは

転職するタイミングについて

転職のタイミングは、企業が採用枠を大きくする時期がねらい目です。4月に向けて準備する3月と、10月の年度後半に向けて準備する9月です。転職するなら採用枠が多いほうがチャンスが多いため、準備しながらタイミングを待つのも良いでしょう。

本記事では転職を考える人が、転職しやすいタイミングについてまとめます。年代別にも転職タイミングがありますので、参考にしてください。

中途が増える3月と9月

4月と10月は、企業が新しい動きを見せるタイミングです。そのため、その前月にあたる3月と9月には採用枠を準備する企業が多いでしょう。一般的に「中途採用」と呼ばれる採用枠があり、転職を志す人には大きなチャンスとなります。

新卒が入ってくる4月

あなたが「第二新卒」であれば4月も転職タイミングです。4月は新卒が研修を受けるタイミングです。第二新卒の人は新卒と同じ研修を受ける必要がありません。

企業側も教育コストを抑えるため、第二新卒の採用枠を用意する場合があります。多くの企業が募集をかけるタイミングですので、転職者に有利と言えるでしょう。

転職を考えるタイミング

転職を考えるタイミングは人それぞれですが、多くの人が悩む内容には共通点があります。以下には、複数の人が悩み転職を考える状況をまとめました。あなたの状況に照らし合わせ、他者との共通点・相違点を見極めておきましょう。

キャリアップを考えている

キャリアアップを考え、自身の能力向上を考えているタイミングです。新卒から働き始め25歳から29歳ごろに考える人が多いでしょう。

  • 「自分はこのままで良いか」
  • 「もっとできることがあるのでは」

と考えるようになり、キャリアアップを目指した転職を志します。

上京転職を失敗しないために!みんなの体験談と気をつけることを解説 上京転職を失敗させないために今のうちから不安を潰しておこう 上京転職を志す人は、「失敗したくない」「不安だ」「本当に成功...

会社の先行きが不安

新型コロナウイルス感染症の影響も激しく、多くの企業では今後の見通しが立ちません。現在の職場でも「今後どうなるかわからない」と言われているかもしれません。

中小企業は明日にも破綻する可能性すらあるのです。不安を感じ、転職を考える人は多いでしょう。

昇給に時間がかかる

大手の企業に務めていると、自身が思っていたより昇給が遅い場合があります。年に1度の昇給のはずなのに、経営不振などによりボーナスすらない会社もあるかもしれません。

企業は一度昇給させれば給与の減額は難しくなるため、あなたの昇給を躊躇しているかもしれません。給与面に不満を感じ転職を考える人もいるでしょう。

結婚・育児

結婚や育児は人生の大きな節目です。育児資金・教育資金が必要になり、収入を増やそうと考えます。

子どもの世話をする人が身近にいない場合、保育園や幼稚園に預けるお金も必要です。必要に迫られ、収入アップを目指した転職を考えます。

ライフワークバランスの見直し

主に過重労働をしている人が考えるのが、ライフワークバランスの見直しです。生活と仕事のバランスが崩れ、睡眠時間も取れない人もいます。

特に「ブラック企業」と呼ばれる企業に務める方は、労働過多に陥っていることが多いです。プライベート時間を確保するため、転職を考えるでしょう。

年齢別の転職のタイミング

年齢別に転職をするべきタイミングを見ていきましょう。年間通して採用枠がありますが、転職者は採用枠が多いほうがチャンスが多いと言えます。年間を通して、採用枠が最も多く、年代別にチャンスが多い時期を紹介します。

20代前半

20代前半は「第二新卒」と呼ばれる時期です。主に4月の転職がおすすめです。新卒者と比較すると、社会経験があり企業側の教育コスト低下に貢献できます。新卒が受ける研修が必要なく、新しい会社の社風にも馴染めるでしょう。

しかし入社半年での退職などはおすすめできません。早すぎる退職は忍耐力や根性がないと見られ、マイナス要因になります。少なくとも1年は勤め、転職タイミングを待つことをおすすめします。

20代で異業種転職する際のポイントは?今後の人生を豊かにする転職先 20代という若い世代の方が異業種への転職をすることは珍しくはありません。 気力、体力があるうちに大きく視野を広げるために異業種へ...

20代後半

20代後半は多くの人が転職を考えます。結婚や育児が始まる人も増え始め、特に女性は育児休暇をとる必要性もあるかもしれません。現職では社会復帰に課題がある場合もあります。

採用枠が多い9月に転職活動するのがおすすめです。3月や4月では企業が新卒採用に力を入れていることが多いので、転職者が多い9月なら、あなたの長所を的確に判断し多くの採用枠に入り込める可能性が高まります。

30代

社会人として「中堅層」と呼ばれる30代は、年中通して採用枠があります。最適なのは、20代後半と同様に9月でしょう。30代はビジネスにおいても主力となる年代ですので、情報に左右されず転職活動してみると良いでしょう。

あなたの能力を最大限に活かし、即戦力と判断されれば内定をもらえます。現在の職を退職するのは、内定をもらってからが良いでしょう。

現職でも重要なポストについている場合は、上司とも相談しながら考えることをおすすめします。

30代での異業種転職でおすすめの業界は?転職成功のポイントも解説 30代での異業種転職について 30代での異業種転職は、40代や50代に比べれば転職しやすいです。しかし、簡単にできるもの...

40代

40代の転職は困難な傾向があります。40代の転職が難しいのは、企業が将来性を見通しているからです。企業は今後長く務める新卒を多く採用したいと考えているため、採用枠が多くなる3月と9月のどちらでもチャレンジする気持ちで挑みましょう。

40代が転職を成功させるには、昔ながらの根性論を捨てる必要があります。転職先に莫大な利益をもたらす方法論を提示し、自身が入社するメリットを明確に述べましょう。タイミングにこだわらず、状況と能力で打破するべき年代です。

40代での異業種転職で失敗しないポイントとおすすめの業界について 会社を変えたい、新しい事にチャレンジしたいという思いは、年代関係なく芽生えてくるでしょう。 そんな異業種転職という未知なる業界へ...

転職のタイミングを考え上で重要なこと

転職のタイミングを考える上で、重要な点をまとめます。転職は年中募集枠があるとはいえ、個人のタイミングも考えないわけにはいきません。それぞれの節目を考えながら、適切なタイミングに転職するのが良いでしょう。以下を参考にしてください。

住宅の購入

住宅を購入した場合、通常ローンによる支払いがあります。35年ローンを組んでいる人も多いのではないでしょうか。

あなたが35歳で35年ローンを組んだとします。当然ながら70歳まで支払いが続きます。一刻も早く貯蓄額を増やすべきであり、収入を増やしたい場合は行動するべきでしょう。

ボーナスを受け取っているか

一般的に6月と12月はボーナスの時期です。退職するタイミングによりボーナスが受け取れない可能性があります。会社は退職者にボーナスを支払いたくないからです。ボーナスを受け取ってから退職できるタイミングを待ちましょう。

社会人として何年目か

「第二新卒」と呼ばれる人は、早期退職すると見られがちです。根性ややる気に乏しく「入社しても続かないのでは?」と思われています。これは複数の企業を渡り歩くように転職を繰り返した方も同様です。

社会人として「同じ会社に何年務めたか」は重要な要素です。仕事への真剣度としてみられ、あまりに早期の退職を繰り返していれば転職が困難になります。

退職までの流れ

退職までの流れを確認しておきましょう。転職を志し内定をもらっても、退職できなければ意味がありません。また務めている会社にもルールがあります。

通常1ヶ月前には退職の意志を伝える義務があり、突然の退職はルール違反です。以下の流れを確認しておき、円満退社を心がけましょう。

退職の意思表示・退職日の相談

退職の意思表示は、早いほうが良いとされています。通常、退職日の1ヶ月から3ヶ月前に申し出るようになっているはずです。会社によりルールが異なるため、就業規則などを読んでおくと良いでしょう。

退職の意志を明らかにすれば、退職日を決定できます。上司と相談しながら、円満退社できるタイミングを考えます。既に転職先の内定をもらっている場合、上司に伝えたほうが退職日を決めやすくなります。

退職届の提出

退職日の1ヶ月前から遅くとも2週間前に、退職届を提出します。

退職届を提出しなくても法的な問題はありませんが、口約束では「言った言わない」の問題が発生しやすく、退職後に前職の会社を訪れなければいけない可能性もあります。速やかに退職するために、退職届の提出をしておくことをおすすめします。

業務の引き継ぎ・挨拶

退職意志を伝え退職届を提出すると、有給休暇の消化などを言われる場合があります。有給休暇を消化する前に業務の引き継ぎは丁寧に行いましょう。引き継ぎ作業を怠ると、周囲の人に迷惑をかけ退職後も電話連絡が必要になる場合があります。

有給消化後に会社を訪れない場合、会社の人々に挨拶を済ませておくと良いでしょう。挨拶は社長や上司、同僚など身近なお世話になった人に行います。

退職の手続き

「退職の手続き」が必要になる場合があります。あなたが退職意志を示したタイミングや、退職理由を記載します。

会社が保管するもので、企業により書式が異なります。記入方法がわからない方は、上司に相談してください。

まとめ

転職をすると決意すれば内定をとることばかりを考えますが、退職できなければ意味がありません。後腐れがないよう、退職意志を明確に表示しておくようにしましょう。

転職活動を行うのも公表できれば、問題なく退職できる可能性は高まります。しかし会社側は転職を良しとしない風潮が残っている場合もあるでしょう。密かに転職活動をする場合でも、問題なく退職できる手続きを知っておきましょう。