異業種転職

40代での異業種転職で失敗しないポイントとおすすめの業界について

会社を変えたい、新しい事にチャレンジしたいという思いは、年代関係なく芽生えてくるでしょう。

そんな異業種転職という未知なる業界への転職は、40代でも可能なのでしょうか?

「転職を成功させるためのポイント」「40代でも転職できる業界」など、40代で異業種転職にチャレンジしたいという方の悩みを解決させるための情報をご紹介致します。

40代での異業種転職は可能です

結論から言うと、40代であっても異業種転職は十分できます。不可能なことはありません。しかし、20代や30代に比べると狭き門となるのも事実です。

異業種転職を成功させるためには、40代という年齢をどう活かすかがカギとなるでしょう。

求人自体は少ない傾向にある

元々の求人自体が少ないという現実があります。中には39歳までという年齢制限を設けている企業などもあるでしょう。

そのため、職種で探すと中々見つからないかもしれませんが、まずは希望職種は二の次として一旦年齢で募集案件を絞ることをオススメします。

経験・スキルに合わせマネジメント能力も必要

40代と言えば、20年以上もの社会人生活を送ってきたベテランです。その中で、ただ単に会社に行って仕事をしていただけの人材を企業は採用するでしょうか?

経験やスキルはもちろん、物事の管理、運営能力などの実用的マネジメント能力は必須となるでしょう。

高給へのキャリアアップを狙おう

異業種転職を行うと、年収が下がるというデメリットが発生します。

しかし、40代という年齢では役職や権限のあるポストへの求人が多いため、比較的高給求人の割合が多いという面があります。

スキルや経験を活かしつつ次なるステップへ進めるための転職が可能となります。

40代での異業種転職に失敗しないために

自身の市場価値を把握する

自分の武器となる経験やスキルが、企業にとってどのような評価がされるのかをしっかり把握することが重要です。

自分が強みと思っている部分でも、実は違うところが意外な武器になるなど新しい発見をすることができます。市場価値を把握できるようになれば、チャレンジできる業種も広がるでしょう。

会社の風土・価値観との一致

条件や待遇がいくら良くても、会社の風土や価値観が自分と一致しなければ働きにくい職場となってしまうでしょう。表面上の姿だけでなく、会社としての価値観などをしっかりと確認しておくことが重要です。

そこで重要なのは「前の会社ではこうだったのに」と比べないことです。企業ごとの特色を認め受け入れることが出来なければ、異業種転職は望めません。

提示条件は徹底的に確認

求人を閲覧する際、必ず提示されている条件は隅々までチェックするようにしてください。

  • 年齢
  • 勤務形態
  • 拘束時間
  • 掲載されている月給の条件
  • 必須スキルや資格

などは必ず確認が必要です。

他にも企業により絶対的条件などが掲載されているので、求人の流し見は絶対にしないようにして下さい。

40代での異業種転職におけるポイント

マネジメント経験の有無

マネジメント経験とは、主に管理職の経験を指します。プロジェクトを推進、新人教育や社員の育成などを求める企業は非常に多くあります。

人をまとめるスキル、人材を教育する能力がどの程度あるのかにより応募できる企業の幅も広がり入社後の早期キャリアアップにも繋がります。

希望条件を明確に提示する

待遇や拘束時間、給与面など人それぞれ希望の条件はありますが、絶対に譲れない条件はしっかりと提示する必要があります。

妥協できるところは企業側に合わせることもいいですが、自分の中で必ず妥協できない部分はしっかりと伝えておくと、入社後の認識の相違が発生しにくくなります。

保有資格は引き続きアピール

保有している資格はどんなものであっても自分自身の大きな武器となります。個々をアピールしない訳にはいきません。

希望する企業の業務内容を理解し、そこにどういった形で資格が役に立つか、その資格があるからこそのメリットを的確に示すことで、即戦力的要素を知ってもらうことが出来ます。

転職理由、転職軸を明確に定める

40代という年代であっても決めた転職には、それなりの大きな理由があるでしょう。こうした部分をしっかりと明確にし、分かりやすく説明できるように準備しておくことが肝心です。

「何となく違うことがしたかった」といった薄っぺらい理由では、企業側は何の魅力も感じられません。自分の意見、考えを盛り込んだビジョンを明確に定めましょう。

PRについてアピールポイントをしっかりと整理しておく

自己PRでは、他応募者との差別化を図りながら、企業にとって自分がいかに役に立てるかをしっかりと伝えることが重要です。

40代という年代だからこそのスキルや経験をしっかりと取り入れ、分かりやすく簡潔にまとめておくようにしましょう。

40代での転職におけるモデルケース

外資から国内メーカー

外資系企業から国内メーカーへ転職した場合、やはり外資系に戻るという方は非常に多くいます。

その中でも特に大きな理由が年収です。外資系に比べ、国内企業では年収が最大1/2程度まで下がる場合もあります。40代でこれほどまでに年収が下がるというのは非常に大きなデメリットとなるでしょう。生活レベルを下げる必要がも出てきます。

また、国内メーカーへの転職を行った方の話で多いのが「非合理的な仕事の進め方が合わなかった」という点です。

外資系企業は良くも悪くも合理的思考のもと業務を遂行していますので、根本的な企業の体制が合わないという方が多くいるのが現実です。海外進出している企業であれば比較的働きやすさがありますが、そうでない場合は一度しっかりと見つめなおす方がいいかもしれません。

製造メーカーからITへ

製造業と比べ、IT業界では日々の勉強が必須となります。時代と共にITの技術などはどんどん進化していくため、常に新しいい技術を取り入れるために学ぶ姿勢が大切です。

こうした部分は製造とは全く異なるために、このギャップに戸惑う方も多いのが実情です。40代で新しい知識を学び続けるというのはそこそこ大変ですが、異業種転職がしやすい業種でもあります。

基本的に資格が必須というIT企業はあまり存在しません。基本的なパソコンスキルが最低限あればチャンスはあります。

しかし、IT業界は比較的20~30代の方が多いため、年齢を気にせず上下関係をすんなり受け入れる気持ちがないと難しいでしょう。

IT業界は慢性的な人手不足でありながら進化し続けている業界なので、40代からの転職であっても狙い目の業種になります。

通信販売から人材派遣

通信販売業と人材派遣業での共通は「人と人とのつながりを大切にする」ことです。そのため、通信販売業で培ったコミュニケーション能力などを最大限発揮できるでしょう。

人材派遣でも様々な業種がありますが、どの職種であっても人と人とのつながりを重点的にサポートする役割を持ちます。双方の求める事や条件などを考慮した上で、適切な紹介を行うことが肝心です。

逆を言えば、こうした部分が出来なければ企業の信頼を下げる事にも繋がります。派遣先の求める人材、派遣従業員の求める業務内容をどちらも叶えられるよう、的確なマッチング能力が大切です。

異業種転職とは違い、様々な共通点のある通信業界と人材派遣業は、40代という年代であっても上手くアピールをすれば即戦力として採用される率が高まるでしょう。

40代での転職で全くの未経験でもOK業界

介護職

人手不足問題で話題の介護職は、年代に囚われることなく新しい人材を常に受け入れています。

介護職で大切なのは命を預かるという使命感。大切なご家族の面倒を見させていただくという気持ちと共に、利用者がどうすれば快適に気持ちよく過ごせるかという部分が非常に大切です。

様々な資格がありますが、そのほとんどは受験資格を取得するための実務歴などがあります。

介護職は未経験であっても、働きながら学び、スキルアップが叶う業種。

工場員

工場での現場作業員は、40代で経験などがなくても多くの求人があります。大手であればそれなりの収入も見込めますし、カレンダー通りの出勤体制となるのでプライベートの充実も図れるでしょう。

しかし、繁盛期であれば休日出勤や残業などが当たり前になります。また、工場勤務は基本的に立ち仕事であったり工場内を動き回るような業務がほとんどなので、体力は必須となるでしょう。

特別な資格なども必要なく、働きながら覚えつつキャリアアップを狙うこともできるため、40代という年代での未経験異業種転職では特に人気が高い業種となります。

工場は求人がなくなることはないので、安定した収入と将来性もあり、安心感がある。

タクシードライバー

タクシードライバーは、定年後の再就職としても需要のある職種になりますが、個人のお客様の命を預かり安全に目的地にお送りするという非常に神経を使う仕事です。

若者の車離れや高齢者の免許返納などが増えている昨今では、こうしたタクシーの利用者は増加傾向にあります。そのため、タクシードライバーの求人は常に出ているためチャンスをつかむ機会も多いでしょう。

しかし、タクシードライバーとして活動するためには、最低限の道はもちろんのこと、接客マナーは必須です。また、お客様の中には会話を楽しみたいという方、静かに乗っていたいという方がいるため、一人一人に合わせた対応が求められます。

清掃員

清掃員の仕事は「きつい」「体力が心配」「給料が低い」というマイナスイメージが先行している傾向にあります。しかし、40代というミドル世代には非常にオススメの業種です。

大きなビルやホテルでの清掃業は、建物がなくならない限り仕事を失うこともありませんし、きっちりとした時間内での作業になるため不要な残業などもありません。

また、「ビルクリーニング技能士」という資格を取得すれば待遇アップも実現するでしょう。3級であれば初心者でも取得可能なため、スキルとして身につけておけば信頼度も上がります。

ほとんど朝早い時間からの業務になりますが、その分終了時間が早いため、プライベートの充実や趣味への時間も取れ、落ち着いたライフワークを送ることが可能です。

まとめ

40代での転職は、確かに若い世代に比べ難しい面が多くなるでしょう。

しかし、これまで培ってきたスキルを活用し、上手く自分の良さをアピールすることが出来れば早期なキャリアアップも見込めます。市場価値を知り、今後の人生設計をめっかくにすることが肝心です。

「40代だから」と諦めてしまう前に、40代だからこそ持っている社会人としてのスキル、経験を大きな武器に変え、新しい業種への挑戦を始めてみてはいかがでしょうか。