転職方法について

転職活動に必要な準備について

転職活動を成功するためにしっかり準備しよう

転職活動には準備が必要です。転職準備には、以下の4点を把握することが重要です。

  • 転職活動の流れを把握する
  • 自己分析や企業分析する
  • 書類作成する
  • 転職タイミングを見極める

事前準備を怠れば、内定をもらえる可能性が低下するでしょう。転職できたとしても、自分が求める企業と出会えない可能性があり、不満やストレスを抱える原因になります。

本記事では転職活動を成功するための準備について解説します。

会社にはばれないように

転職活動は「会社にばれないようにするほうが良い」と言われています。会社にばれないほうが良い理由としてあげられるのが以下の3点です。

  • 転職活動を妨害される可能性がある
  • 引き止めにあい転職活動ができない
  • 転職先が決まらないまま退職させられる

多くの企業は転職や退職に寛大ではありますし、従業員の意思を尊重するための憲法も存在しています。しかし、中には強硬手段として妨害行為をされてしまうという場合もあるでしょう。

そのため、転職先が決定するまで、会社には伝えないほうが穏便にスケジュールをこなせる可能性が高くなります。

転職するなら早めに始めよう

「思い立ったが吉日」という言葉がありますが、転職活動では多くの「準備」が必要です。思い立った勢いで行動してはいけません。思い立った日から準備に取り掛かりましょう。

一般的に、転職活動の期間として3ヶ月から6ヶ月が必要と言われています。この期間は、転職活動を行うための事前準備、実際の転職活動、転職先が決まってからの行いなど全てを含めた期間です。

実際はさらに期間が長引くケースもあります。そのため、転職の意思が固まったら、早めの行動を起こす必要があるでしょう。アクションが遅れれば遅れるほど、転職する時期も大幅に遅れていきますので、焦らずゆっくり、まずは自分のできるところから準備を始めて下さい。

転職活動の流れ

転職活動の流れをおさえておきましょう。全体像を把握することで、スケジュールを組みやすくなります。「いつ・なにを・どうすれば」よいのかわかり、落ち着いた精神状態で行動できます。転職活動の流れは以下のとおりです。

  • 自己分析
  • 求人探し
  • 書類作成
  • 面接
  • 退職手続き

この5つの項目それぞれに大切な意味があり、気をつけるべきポイントがあります。転職を成功させるには、このポイント一つ一つを理解しておかなければいけません。

また、余裕をもったスケジュール管理が可能となれば、焦らず自分のペースで転職活動をすることが出来るようになるでしょう。そのためにも重要な上記5つのポイントをそれぞれ解説します。

自己分析

自己分析では「自分の強みはなにか」を明確にあぶり出します。転職先で活かせる自分のスキルを見極め、アピールするために自己分析します。例えば以下の質問を自分に投げかけてみてください。

  • 長所と短所は?
  • スキルやキャリアは?
  • 転職で何を最も大切にするか?
  • 性格に強みはあるか?
  • 収入はいくらほしいか?

他にも自分への問いかけは複数あり、頭で考えるだけでは漠然としたイメージになる人が多いです。声に出したり紙に書き出すなどし、考えたことを自分で見直しできるようにしましょう。「自分の強みとは」に焦点をあて、面接官が何を聞きたいか考えてみてください。

転職活動では企業に自分を売り込むという観点から、自分を商品のように扱うことがあります。自分の特徴や強み、企業はなぜ自分を欲しいと思うかなどを分析してアピールするための準備が必要です。

ポイント

自己分析のポイントは「忘れてしまった自分の能力を思い出す」ことです。転職者は社会人経験があるため、多くのスキルを持っています。しかし自分のことは忘れやすく、謙虚な気持ちから否定的に考えているかもしれません。自分に不安を感じていたとしても、弱点を強みに変えなければいけません。

そして「自分の強み」を言語化できるまで考えましょう。実際に声に出して強みを話してみてください。声にだせない場合は、紙に書けばイメージを言語化できます。

社会人経験からわかるように、頭でわかっていても言葉にできないことがあります。頭の中のイメージを言語化できる能力は、企業が求める「アピール力」でもあります。自己分析では面接で会話するために、自分のことを言葉で話せるまで分析しておかなければいけません。

気をつけること

自己分析するために過去の写真などを見る人がいます。過去回想をするのは良いですが、思い出に花を咲かせて時間を忘れてはいけません。転職活動で求められるのは、あなたの過去の思い出話ではありません。

過去の思い出に浸るのではなく、過去の出来事から身につけたスキルや能力を見つけ出します。そして見つけた能力が転職先でどう活用できるか熟考しなければいけません。過去を振り返ることより、自身の能力をどう活かすかについて考える作業に時間を使いましょう。

求人探し

自己分析が完了したあとは、実際に求人探しをします。自分の目標を叶えるために「給与」「待遇」「人間関係」「業績」「企業規模」など、複数の要素を把握しましょう。そこで企業分析を同時に行い、転職先会社のことをしっかりと熟知することが大切です。

人間関係にも言える事ですが「理解される前に、相手を理解する」ということを意識しましょう。転職を志す人は、自分の理想ばかりを述べる癖があります。自分のことばかりでなく、企業の現状をよく把握することが肝心です。

どんな人材を求め、どんな結果を求めているか知ることで、自分自身とのマッチングを確認できます。また、自己分析の結果自分をどうアピールすべきかという戦略を立てることも可能になるでしょう。

ポイント

企業分析すれば「企業が抱える悩み」が見えてきます。今現在、どのような部分に悩みを抱えているのか、求人する人材にどんなことを求めているのかという具体的な問題点を知ることが出来るでしょう。

例えば企業が「売上が低迷しているから、これまでにない新しい視点を持った人材が欲しい」と考えているのであれば、あなたは「自分の強みや経験をどのように活かすか、そこから導き出される新しい施策や対処」を述べればベストな回答となるでしょう。

求人探しでは、あなたが求める条件を元に、あなたの能力を活かせる企業を探すのがポイントです。

気をつけること

自己分析を怠っていると、自分を過大評価してしまいます。もしくは過小評価する人もいるかもしれません。転職活動に「自惚れ」「謙遜」は必要ありません。自己分析が曖昧で適切な答えを導き出せていなければ、企業が求める人材に自分が適合するか正しい判断はできません。

準備段階に時間を要するのは、事実を即座に捉えるのが難しいからです。1ヶ月から2ヶ月程度、じっくり時間をかけましょう。

転職サイトなどを見れば、多くの企業の求人情報を一気に見ることができます。これらも重要な情報となりますので、そこから事実を明確に分析し、自分のスキルや強みで企業の悩みを解決できるポイントを探しましょう。

書類作成

履歴書を始め、転職に必要な書類を作成します。企業のホームページなどに記載されている書類ですが、企業によって、必要な書類やその種類も異なります。場合によっては履歴書が不要な企業もあるでしょう。しっかりと企業分析していれば、「必要書類が何か」はわかるはずです。

まずはこの書類作成をしっかりと行う事が大切です。企業によっては対面面接の前に書類選考を行いますが、ここで落とされては、本当の自分をアピールする場にすら届きません。

まず何よりも、この書類作成に重点を置き、抜け目のない完璧な内容を作ることが大切です。

ポイント

履歴書には事実を記入します。自分を良く見せるためにと虚偽を記入してはいけません。中には継続年数が短いから書きたくないと思う方もいるかもしれませんが、どんな事でも必ず事実を記入しましょう。企業とあなたをつなぐのは「信頼関係」です。嘘をつく人間が信用されることはありません。仮に運良く騙せたとしても、後々必ず後悔します。

また、「字が汚い」と悩んでいる人もいるかもしれません。たしかに、文字は綺麗なほうが見やすく印象もいいため有利ではあります。しかし、必ずしも文字が綺麗な人が内定を取れるわけでもありません。必要なのは、真剣に書類作成に打ち込み、十分な時間を確保して丁寧に向き合っているかどうかということです。

転職時に悩む、履歴書の作り方を解説 履歴書を書く上での考え方 転職活動では履歴書を書く必要があります。履歴書は書類審査でも判断される重要なものです。 ...

気をつけること

「事実を記入する」と述べると、必要以上に多くを書きすぎてしまう人がいます。例えば履歴書には「取得資格」の欄があります。資格や免許をたくさん取得している場合、可能な限りすべて記入したほうがいいでしょう。しかし、欄外まで書き連ねる必要はありません。

企業分析した中で、業務に必要な資格を記入します。あなたが持っている資格に優先順位をつけ、各順番に気をつけましょう。

例えば教員になりたい人が、簿記検定を優先してはいけません。教員免許を一番に書くべきです。

関連性が高い資格や、そこまで関連していなくても役立てることが出来る資格などを最優先して記入してください。

面接

必要書類を提出すれば、書類を前提とした面接が行われます。ここで初めて、企業側の人と対面することになります。面接は、これまでの自己分析や企業分析など準備したことを披露する、いわば「本番」です。そのため独特な緊張感がありますが、今までの準備を丁寧に行っていれば、焦らず落ち着いて挑むことが出来るでしょう。

ここでも「自己分析」「企業分析」の重要度が理解できるはずです。企業が何を聞きたいかを想像し、どのような質問が来るか、見当をつけておきましょう。

もちろん想定外の質問が飛んでくる場合もあります。しかし、こうした場面でも、自己分析や企業分析がしっかりと出来ていれば、焦らず対応できるでしょう。

予期せぬ質問やイレギュラーな内容に対する反応などで、企業は咄嗟の判断ができる人材かどうかを見極めているかもしれません。

ポイント

面接で意識するのは「会話である」ということです。緊張のあまり一方的に話してしまう人がいます。しかし、面接はあくまで企業に自分を理解してもらうための紹介の場です。質問に対する明確な答えや具体的かつオリジナリティあふれる回答を心掛けることが大きなポイントとなります。

面接で重要なのは、「人の話を聞き、適切に答える」という、会話としては当然のことです。緊張するため「いつもの自分が出せない」と感じるかもしれません。ですが、いつもの自分を出す必要はありません。

「仕事に前向きで高い意欲ややる気に満ちている自分」をアピールしましょう。

気をつけること

緊張感から「頭が真っ白になる」という現象が起こります。自分が何を話しているかわからず、闇雲に話し続けてしまいます。緊張した場合は「深呼吸」です。企業側も緊張するのは理解しています。わざと圧迫面接する企業もあるほどです。

面接は「時間をかけても良い」のです。質問に瞬時に答えれば内定をもらえるわけではありません。「質問に対して適切に答える」ことが必要です。慌てずゆっくり丁寧に、相手の質問に耳を傾けましょう。

【対策】異業種転職の面接で聞かれること・抑えておくべきポイント 面接は緊張感があり、気楽に挑戦できるものではありません。準備や情報収集など様々な手間も多くかかり、嫌になり投げ出したくなる場合もあるか...

退職手続き

内定がもらえたら、現在働いている職場を退職しなければいけません。退職手続きを円滑に行う事で、気持ちよく円満退職ができるようになります。

会社にはルールがあり、退職日の1ヶ月以上前に退職意志を述べるように決められています。

しかし業務内容や今の自分のポストやキャリアなどにより、部下の育成や引継ぎなどの問題から1か月での転職が難しいという場合もあります。

それぞれの会社規定によるものですので、自社のルールを把握しておきましょう。内定後、退職手続きができなければ困ってしまいますので、心身ともに余裕をもったスケジュールが必要となります。ですので、転職は早めの行動が重要です。

ポイント

先述のとおり「企業にばれない」ように転職活動していれば、退職手続きのタイミングに困ります。会社規定に準じて、遅くても最低1ヶ月前程度には申し出るのが良いでしょう。退職できるタイミングをある程度予測することで、転職面接等でも相手企業に申し出ておくことができるようになります。

面接では「いつから働けるか」と聞いてくれる場合もありますので、退職日を設定したスケジュールやそれに近い予定の組み立てを考えておく必要があります。退職手続きの適切なタイミングをしっかりと考えておきましょう。

気をつけること

企業によっては「退職をとめられる」など、自分に不都合なことが起こる場合があります。退職意志を述べても、上司が聞く耳持たない、話がなあなあになり中々転職の話をさせてくれないということもあるかもしれません。しかし、会社規定を守ったうえであれば、会社側に転職を止める権利はありません。

規定やルールにのっとった転職であれば、法律が自分自身を守ってくれます。内定があるかないかで精神状態も変わってくるという面がありますが、転職するという固い意思をしっかりと持ち続け、円満な退職手続きを遂行できるよう毅然とした態度を振舞いましょう。

どんな理由が多い?異業種転職の理由まとめ 異業種転職したみんなの理由 「異業種転職をしたらどうなるのだろう」「異業種転職をしてみたい」「今後の人生に不安を感じる」と考える...

転職を成功させるために準備しておくこと

転職を成功させるために必要な「準備物」を把握しておきましょう。転職には「自己分析」「企業分析」が必要ですが、それとは別に、物理的な「準備物」が必要になります。費用がかかる場合もありますので、スケジュールだけでなく金銭面でも余裕をもった計画が肝心です。

ここでは、転職に必要な「基本的な準備物」を紹介します。しかし、以下に述べるものだけでなく、企業によって特有の準備物が必要になる場合も出てくるでしょう。「企業分析」をしっかり行い、転職先が求める準備物を用意しましょう。

準備するもの、こと一覧

一般的に転職する上で必要とされる「準備物」を紹介します。以下のとおりです。

  • 履歴書
  • 職務経歴書
  • スーツ
  • 鞄(A4が入るもの)
  • メモ帳
  • 筆記用具

履歴書や職務経歴書は、多くの人が必要と認識しています。しかし、スーツや鞄のことを抜けてしまっている人がいます。今持っているものは寄れていたり皺になったりしていませんか。

転職を成功させるには、「見た目」にも意識を向けなければいけません。そのため、新しく揃えたり、直しをいれることもスケジュールに組み込む必要があるでしょう。準備物を把握し、どのタイミングで準備を始めるか考えましょう。

費用が必要な場合、現在の給料の中から捻出しなければいけません。一朝一夕でできないこともあるため、スケジュール管理が必要です。

各準備の適切なタイミング

余裕をもった転職活動するには、前述した通り長い期間が必要です。人によってタイミングは異なるため、1年前から準備を始めても良いくらいでしょう。

また、多くの転職者は、採用枠が多くなりやすい3月や9月に面接を受けます。逆算して、4月、もしくは10月ごろから転職準備を始めるのが適切と言われています。先ほども話したように、「自己分析」「企業分析」には時間を要します。同時進行で「必要な準備物」を把握し、ゆとりをもったスケジュール管理をすることをおすすめします。

転職を考える上でベストなタイミングとは 転職するタイミングについて 転職のタイミングは、企業が採用枠を大きくする時期がねらい目です。4月に向けて準備する3月と、...

転職準備をスムーズに進めるために

転職準備に時間をさきすぎると、精神的な余裕を奪われます。誰もが転職には不安をかかえ、「予想より時間がかかった」と感じています。転職準備をスムーズに進めるため、転職成功者の考え方を学んでおきましょう。

転職に成功した人には、共通点があります。その共通点とは、「転職をスムーズに行う秘訣」「転職するうえで特に気をつけること」です。準備を始める前から、スケジュールを意識し余裕ある精神状態で転職活動に挑んでいます。それぞれ以下で説明します。

スムーズに行う秘訣

転職準備をスムーズに行うには、一にも二にも「スケジュール管理」です。転職活動の全体像をイメージし、カレンダーに計画を記入しましょう。頭の中で考えるだけでなく、目で見て確認できるように書き出すことが重要です。

転職活動では、多くの準備が必要です。スケジュールを上手く管理しながら進めなければ、スケジュールのバランスが崩れ転職活動が難航するでしょう。しっかりと綿密な計画を立て、スムーズに行えるように注意しなければいけません。

抜け漏れしやすい気をつけること

書類作成などでは、記入漏れする可能性があります。この「記入漏れ」は、多くの方が犯してしまいますが、単なるミスで片づけられることではありません。記入後の見直しを怠ったという事も考えられます。小さなミスのように思うかもしれませんが、実はとても重大な過失になってしまいます。

転職活動では、1つのミスが内定をもらえない理由に繋がってしまう場合があります。

書類作成を行う場合には、書き始める前に「紙に書き出してチェック」するようにしましょう。1つ1つを丁寧に行い、ミスのないよう何度も見直すことが肝心です。

まとめ

転職活動を成功させるには、「全体像を把握する」ことが重要です。準備に力を入れるあまり、全体の流れを忘れている人がいます。面接前日などにミスに気づき、焦っている人を見かけたこともあるのではないでしょうか。

「準備8割、本番2割」を徹底的に意識し、「自己分析」「企業分析」に時間を使いましょう。全体の流れを把握し、ゆとりあるスケジュールを計画します。書き出した計画を、1つ1つ真剣にこなしていく。それが転職成功への近道です。