転職方法について

転職でキャリアアップを目指そう!秘訣や注意点についても

転職におけるキャリアアップの考え方

「キャリアアップしたい」「今よりも能力をあげたい」と考えて転職を志す人は非常に多くいるでしょう。転職すればキャリアアップでき、今よりも充実した毎日が送れると考えているかもしれませんが、キャリアアップを行うには「単に転職する」だけではできません。

自身のキャリアプランを明確化し、具体的な将来像を作り上げる必要があります。本記事では、キャリアアップを成功させるための考え方をお伝えします。

キャリアアップの定義

キャリアアップの定義を明確にしておきましょう。キャリアアップとは「特定の分野で現在よりも専門知識を身につけ、能力や職歴を向上させる」と定義されます。

例えば、資格を取得していない人が、新たな資格を手に入れるなどがあるでしょう。また、教員が授業経験を積みプレゼン能力を身につけるなども、キャリアアップといえます。

しかし、全てにおいて可視化できるということではありません。キャリアアップしたにも関わらず「まだ足りない」と思い悩む人もいます。そのため、あなたのキャリアを明確化し、小さな目標から達成させていきましょう。

数値化したり可視化できる目標設定を行う事で目に見えた成果を感じることが出来るようになります。

キャリアアップに向けて

キャリアアップをするための「考え方」をみていきましょう。キャリアには可視化できないものもあります。同じ「社員」でも、能力に違いがあるでしょう。それぞれにキャリアが異なり、転職の際には自身のキャリアを向上させたい人もいます。

キャリアアップをするために、どんな考え方をすればよいか。多くの人がキャリアアップに成功した考え方を紹介します。以下の1つ1つをゆっくりと考え、自身のキャリアを明確化させてください。

キャリアプランの明確化

「キャリアとは何か」を考えましょう。一般論ではなく、自身が求めるキャリアを考える必要があります。「キャリア」は無数に存在し、自身が納得できるキャリアとは限らないからです。例えば、あなたが営業職だとします。キャリアアップをはかろうと転職し、栄養士の資格をとったとします。

異業種転職には有利になるかもしれませんが、キャリアアップではなく「キャリアチェンジ」です。営業職の場合、

  • 「トークスキル」
  • 「営業スキル」
  • 「売上達成スキル」

を向上させるのが「キャリアアップ」でしょう。平社員から部長や課長に昇格するのも、明確なキャリアアップと言えるでしょう。キャリアプランを明確化し、自身の成長を確認しましょう。

キャリアプランを元にした企業を探す

自身のキャリアプランを明確化できれば、次にそのプランを元にした企業を探します。。自分の都合だけではなく企業側の条件も確認し、納得できる企業を探しましょう。

転職を考えている方の多くは、より安定性のあるビジネスライフを求めるために企業の「知名度」や「企業規模」で選ぶことが多い傾向になります。しかし、大きな会社に入社すれば納得できるとは限りません。あなたのキャリアプランを明確化し、条件があう企業を見つける必要があります。

そのため、自分の希望を叶えるためには企業の規模が小さかったり、知名度が低い会社がぴったりになるなんてこともあり得るでしょう。

大きな会社だから大丈夫!なんてことはありません。自分のキャリアプランを明確化しておかなければ、適切な企業選びにも支障が出てしまいます。

明確化したプランをもとに、広い視野で多くの企業を探してみてください。

企業先のニーズに自身のスキルを合わせる

企業先のニーズに自身のスキルを合わせることも必要です。いくらキャリアプランがあるからと言えど、自分勝手ではいけません。企業が求める人物像に、自身を近づける努力も重要となるでしょう。

自身のキャリアプランに完全マッチする企業は少ないかもしれません。しかし企業が求める人物像を把握し、自身の能力を向上させていくためにもニーズとスキルをかけ合わせることはとても大切になります。

キャリアアップの秘訣

キャリアアップするには「求められる人になる」ことが重要です。自身の希望を忘れないように、企業が求める人物になりましょう。能力やスキルが足りない場合、能力を補うための努力をします。その努力がキャリアアップの秘訣です。

キャリアアップに向けて気をつけること

キャリアアップで気をつけるのは、「軸」を中心に考えることです。「軸」とは、自身が最も大切にすることです。軸がぶれると、転職後に理想としていた自分になれないからでしょう。

例えば収入を軸にする場合、転職先で収入が上がらなければいけません。キャリアアップには、「軸」を明確にして行動する必要があります。

キャリアアップの成功事例

キャリアアップした人の成功事例を紹介します。自身のキャリアプランを明確化し、それをもとにしっかりと行動した人たちです。あなたのキャリアアップの参考にしてください。

給与アップを軸に

内容

「給与アップ」を軸にした弘樹さん(仮)は、年収300万円程度の営業マンでした。給与アップを意識し、転職を志します。自身に必要なのは「収入」と決め、転職先を探しました。

転職に成功し、飲食業のエリアマネージャーとして営業スキルを活用しています。年収も大幅に上がり、満足しているそうです。

年収との具体的な数値

弘樹さんの年収は、300万円程度から500万円程度になりました。エリアマネージャーとして各地を動き回っています。年収に比例するように地位も向上したため、キャリアアップが叶った転職成功例です。

年収はどう変わる?転職で年収アップを目指そう 転職成功で年収をアップさせよう 「転職成功」と聞くことがあります。本記事では、「転職成功の定義」を年収アップに特化して話...

同業種でキャリアアップ

内容

パティシエをしていた加奈子さん(仮)は、朝から晩まで店舗で調理をしていました。毎日の店舗販売に明け暮れ、気がつけば30歳を迎えました。

「このままで良いのか」と考え始めたことで、キャリアアップ転職を志します。結果、他社へ移つことで、これまでの経験を活かした教育担当をしています。

年収との具体的な数値

加奈子さんの年収は280万円程度でした。経験と知識を活かし、同業他社へ転職活動。知識と経験を若者に伝える教育担当として採用されます。

年収は400万円程度に上昇し、調理担当で身につけた知識とスキルを若者に伝え、多くの人材育成を図っています。す。

異業種転職でキャリアアップ

内容

学習塾の講師をしていた浩哉さん(仮)は、毎日生徒たちのために授業に明け暮れます。授業準備に時間を費やし、生徒の目標達成をやりがいと感じていました。

しかし、講師からの昇給がないとわかり転職を志します。

年収との具体的な数値

転職後、営業職のマネージャーに任命されます。営業職で結果を出せない人のため、「結果を出せる営業の方法」などを教えています。

社内では「コンサルティング担当」と呼ばれているそうで、頭脳を活かしたマーケティング戦略が結果を生んでいます。年収は300万円程度から700万円程度に上昇したそうです。

異業種への転職を目指す!成功事例やメリットを解説 異業種転職のメリット 20代から50代まで、多くの人が転職を志すでしょう。年代により異なる課題があり、それぞれにメリット...

まとめ

キャリアアップを成功させるには、「キャリアプランの明確化」が最も重要です。キャリアプランを考えれば、自身の「軸」も明確になります。「軸」にあわせた企業探しを行い、互いの条件を照らし合わせて納得できる企業を見つけましょう。

これからの新しい人生をスタートさせるために心にゆとりを持つことが出来る転職が肝心です。。あなたのキャリアアップを期待し、成長するための機会を与えてくれるぴったりの企業をぜひ見つけて下さい。

【PR】高時給バイト情報