転職方法について

より良い転職をするために!転職の際に押さえておく条件や軸について

転職における条件の考え方

「転職における条件」があります。転職における条件とは「給与や待遇」「経験・キャリア」「勤務地」です。個人の生活を考えたうえで、転職における条件を考えましょう。

しかし「何から考えてよいかわからない」という人もいるでしょう。本記事では、転職における条件を考えるうえで、重視するべきポイントを解説します。

転職の軸となる条件にはどのようなものがあるのか

転職するには「軸」を決めるほうが良いでしょう。「軸」とは「何を重視するか」です。例えば給与や待遇、労働時間など個人により重視する条件は異なります。しかし、あなたが求める生活を手に入れるには、条件を明確にしておくほうが良いでしょう。「軸」には以下のようなものがあります。

  • 給与や待遇
  • 経験やキャリア
  • 勤務地

「軸」を考えていない場合、後に述べる「会社が求める条件」をすべて受け入れることになります。会社が提示する条件には、納得できないものが含まれるかもしれません。しかし、内定だけを考えていれば、受け入れる心理状態になり後で後悔します。

あなたが最も重視する「軸」を決めておき、会社から提示される条件と照らし合わせましょう。互いの条件が組み合った環境が理想の転職先です。

就職活動における軸との違い

「就職活動における軸」と「転職活動における軸」の違いは、選択肢の多さです。新卒で就職をする人は社会を知りません。多くの人が目先の内定する企業に入社するでしょう。しかし「転職」の場合は「今後を考えた選択」になるため、何を手に入れたいかを明確にしておく必要があり、あなたの考え方を見られます。

新卒では「学生」「アルバイト」の経験を話す人が多数ですが、転職の場合は「前職の経験」を話すべきです。転職活動では職場を熟知した上で「あなたの選択肢」を示す必要があります。

どんな理由が多い?異業種転職の理由まとめ 異業種転職したみんなの理由 「異業種転職をしたらどうなるのだろう」「異業種転職をしてみたい」「今後の人生に不安を感じる」と考える...

条件における優先順位の付け方

転職における条件に優先順位をつけましょう。あなたの人生を設計するため、「軸」となるものを決めておきます。転職活動では「軸を決めましょう」と言われるでしょう。

「軸」とは「最も重視すること」です。以下には、多くの転職者が重視する内容を紹介します。

給与や待遇

給与や待遇を意識せずに、転職先は決められません。給与が低ければ、今後の生活も困難になるからです。転職を考える人は、自らの生活環境が変化した人もいるでしょう。給与を求め、生活を安定させるために転職を志します。

また待遇とは「仕事をする環境」といえます。

  • 「社会保険やその他の優遇があるか」
  • 「仕事する環境は適切か」

を判断します。

給与と待遇を優先順位の上位にするのは、当然と言えるでしょう。

経験・キャリア

スキルアップやキャリアアップのために、転職を志す人がいます。自身の能力を向上させるため、転職先で新たな能力を身につけます。今までの経験とこれからの経験を掛け合わせ、相乗効果を生み出せるよう努力します。

中には独立を考えている人もいるかもしれません。

  • 独立に必要な知識や経験を身につけるため、転職して多くの場所を経験したい。
  • 多くの職場を経験し、身につけた能力で独立したい。

未来を考えた人生設計が必要になり、特に若い世代が重要視する条件です。

勤務地

勤務地を考えるのも重要です。本社勤務だけでなく、地方への転勤もあるかもしれません。地方出身者は、転職して地元に戻ろうと考える人もいます。しかし、勤務地はあなた個人で決められるものではありません。会社と相談しながら決定されます。

リモートワークが主流になる前は、単身赴任をする人も多かったのではないでしょうか。現在でも単身赴任は存在しますが、家族と離れて生活するのはストレスや不安があります。家族との時間を主として勤務地を「軸」に転職活動する人も多く、決して見逃せない条件です。

その他

「昇給」や「会社方針」を重視する人もいます。最初のうちは給与額が低くても、成果を残せば報酬が上がるのは良いでしょう。例えば医師などはわかりやすく、研修医の間はほとんど給与がもらえません。しかし、経験し独立した医師になれば稼げる可能性があります。

成果報酬制の給与システムを採用している企業に転職すれば、自身の頑張りにより給与額を変化させられます。

各々の会社方針により給与システムは異なります。昇給や会社方針は気持ちよく仕事をするために必須の条件です。

業種によってはある必要な条件

業種によって「必要な条件」がある場合もあります。資格やスキルを始め、仕事をするために条件を設けている会社が多いからです。例えばドラッグストアで働くには、薬剤師の免許を持っていたほうが良いでしょう。

免許がなくても働ける職場でも、給与アップには必要な条件があります。以下では、業種によって必要な条件をまとめます。

業種によって必要なスキル

それぞれに特有のスキルを必要とする場合があります。多くの企業では「資格」を取得するよう促されるでしょう。資格でなくとも「会計業務ができる」「接客が得意」など、業種によって求められるスキルが異なります。事務職員は会計業務を求められ、飲食業は接客を求められるなどです。

しかし、スキルは目視できる能力のほうが好まれます。「コミュニケーション能力」「やる気」のようなものは、仕事をするうえで前提となる能力です。転職する際には、数値化できる固有の能力が求められる場合が多いでしょう。

異業種への転職を目指す!成功事例やメリットを解説 異業種転職のメリット 20代から50代まで、多くの人が転職を志すでしょう。年代により異なる課題があり、それぞれにメリット...

経験年数・キャリア

「勤続年数」を重視する企業もあります。例えば研究職では、長年同じ研究に没頭している場合があります。費用をかけ研究成果がでるまで耐え忍んで行う必要があり、短期で退職する社員では研究成果を確認できません。勤続年数やキャリアを重視し、結果が出るまで長期で働けるかみられます。

例えばミトコンドリアを長年研究しているベンチャー企業があります。ミトコンドリアを食品にすることなどを研究しており、その研究には10年以上の年月が費やされ、研究データを元に今もなお研究を繰り返しています。

企業は長期で計画を立てています。短期職員を募集している場合を除き、ほとんどの企業は長期職員を募集しています。転職者は経験年数と勤続年数を武器にすることができます。

実際の事例

保育士として働いていたみゆきさん(仮)は、25歳の独身でした。保育士として働くなかで、早く結婚し自身の子どもが欲しいと感じるようになり婚活を始めます。幸い、良い男性とめぐりあい結婚。その後、子どもに恵まれたそうです。

しかし、保育士の重労働では子育てができないと感じ、銀行員を目指します。転職に成功しますが、FP技能士や簿記検定の資格をとるよう促されたそうです。入社時には取得していなくても、転職後に取得したそうです。

転職に求める条件例

転職に求める条件にはどんなものがあるのでしょうか。自身の目的を達するため、転職時に条件を求めるのは当然です。「軸」を明確にし、着実に行動すればすれば必要な条件はみえてきます。以下を参考にしてください。

自分が転職時に求める条件例

転職時に求める条件は、主に「給与や待遇」が多い傾向にあります。しかし、以下のような条件を求める人もいます。自身の心と向き合い、現状を変化させるために参考にしてください。

給与よりやりがい

大手ファストフード店で店長をしていた柿田さん(仮)は、朝から晩まで仕事をしていました。店舗のことを考え、売上を上げるために顧客満足度を考えました。

真剣に取り組むほど労働時間は増え、職場で眠ったことも多かったそうです。給与は良かったものの、自分がやりたいことを見失い転職を志しました。

後にNPO法人に転職します。ヤギや牛を育てながら、不登校で悩んでいる子どもたちをサポートし仲間の大切さを伝えています。

人々のためにゆったりと生活できる空間を作るのが楽しくて仕方ないようです。

自分の時間がほしい

施設の職員をしていた藤田さん(仮)は、いわゆる寮母さんです。施設に寝泊まりする子どもたちを見守り、まさに母親のように接します。

しかし、朝起きた瞬間から夜眠るまで、ほとんど施設に入り浸る毎日。子どもたちと接する他、職員たちと生活を共にします。自身のプライベート時間を確保したいと感じ転職します。

学童保育の職員になり、夜は自身のプライベートタイムを楽しんでいるそうです。ゆとりある生活を手に入れた例でしょう。

会社側が転職者に求める条件例

会社側が転職者に求める条件もあります。特に重視される条件を2つ紹介します。会社により求めるものは異なるため、転職するためには会社分析が必要です。

本記事だけでなく、転職しようとする会社の情報を集め、何を求められているか考えるようにしましょう。

勤務時間

夜から早朝に勤務する仕事では、時間担当のシフトを組み、それぞれの時間に担当者を決めます。あなたの希望を明確に述べなければ、会社の都合が良い方に振り当てられるでしょう。

入社時に自分の意志を明確に伝え、会社と相談しながら勤務時間を確保しましょう。

単身赴任は可能か

リモートワークが多くなったとはいえ、どうしても単身赴任しなければいけない場所もあります。長年企業で勤めている人は、僻地勤務を繰り返しているかもしれません。単身赴任できる人材を求めている企業では、このような条件を求められることもあります。

ですが、企業側が提示する条件を、必ずしも受け入れる必要はありません。企業が求める条件と、あなたが求める条件がマッチする会社が良いのです。

まとめ

転職するには「軸」を考えておかなければいけません。「何を重視するのか」を明確に提示し、企業の条件と照らし合わせます。仮に条件が合わない場合、縁がなかったと諦める勇気も必要でしょう。条件を妥協すると、今後の生活にも不満が生まれる可能性が高くなります。妥協できないことを「軸」として、会社側に伝える勇気を持ってください。

【PR】高時給バイト情報