転職方法について

年収はどう変わる?転職で年収アップを目指そう

転職成功で年収をアップさせよう

「転職成功」と聞くことがあります。本記事では、「転職成功の定義」を年収アップに特化して話をすすめます。

多くの人が年収アップを期待し転職を志します。しかし現実的に転職しても年収アップするとは限らず、逆に年収ダウンする可能性もあります。まず年収アップするための大前提をお伝えします。

キャリアチェンジではなくアップを

年収アップするための基本は、キャリアチェンジではなく「キャリアアップ」です。同じ仕事を別の場所で行うだけでは年収アップする可能性は低いでしょう。

仮にキャリアチェンジで年収アップするには、企業規模が大きな影響を与えます。しかし、同じ業界の同じ仕事内容で企業規模をアップするのは簡単ではありません。

業界自体が小さい場合もあります。キャリアチェンジでは、年収アップの可能性が下がります。考えるべきは「キャリアアップ」です。アルバイトが正社員になるように、あなたの経験をレベルアップさせた仕事を行いましょう。

業界研究を行い、転職先の企業を徹底的に分析します。沢山の情報を集め、自身の希望と照らし合わせてみましょう。キャリアアップするには勇気が必要です。経験していない能力を身につける必要もあるかもしれません。臆病にならずチャレンジする精神が重要です。

即戦力であることをアピール

転職者は「即戦力であることをアピール」しましょう。新卒者と比べ経験豊富なのが転職者です。前職の経験を述べるだけでなく、転職先にメリットがある具体的な内容を述べましょう。感情論でなく具体性が重要なので、事前に自己分析をして考えておきましょう。

多くの企業が募集している「中途採用枠」は、即戦力を求めています。あなたの能力がすぐに使えるかを判断され、社風に適応するか見極められます。根性などの精神力も重要ですが、具体的に転職先にメリットがなければ採用されません。

年齢を重ねるごとに採用枠は狭くなります。それは年齢が高いほど高いスキルを持った他者が存在するからです。固有のスキルを身につけるなど、転職先で即戦力になるための事前準備を行いましょう。

異業種への転職を目指すならしっかりと準備しよう! 異業種への転職は簡単ではない 異業種への転職は確かに簡単ではありませんが、不可能でもありません。 しかし、現在働い...

転職先の企業規模にも影響する

先述のとおり、キャリアチェンジで年収をアップさせるには企業規模が影響します。大きな業界では、様々な企業が存在しているでしょう。例えばゲーム業界。従来はカプコンやセガが有名な企業でしたが、近年ではミクシーやガンホーなども有名です。

同じ業界でも企業は様々です。年収アップを期待する場合、一般に企業規模が大きいほうが年収が上がりやすい傾向があります。ただし大きな企業ほどその分転職希望者も多く、採用倍率が高まる傾向があります。

転職で年収がアップした人の事例

転職で年収がアップした人の事例を紹介します。自身の目標を叶えるには、まずイメージすることから始まります。イメージできることは実現可能と言われています。以下には「特徴」「ポイント」「職種」をまとめます。年収アップした人が、どんな考えで転職を成功させたか学びましょう。

転職で年収アップする人の特徴

転職で年収をアップさせる人には共通点があります。「意欲がある」「スキルがある」ということです。当たり前とも思える共通点ですが、年収アップさせるには必須の条件です。

あなたが企業側の採用担当なら、意欲がない人を雇わないでしょう。またスキルもないのに年収をあげたいと考える人を採用するわけがありません。転職で年収アップするには「当たり前のことを確実に」行うのが鍵です。

条件・ポイント

収入アップするための詳細な条件などは企業により異なりますが、共通する部分としては企業が求める能力を身につけることが出来るかどうかという点です。

任せる仕事の範囲が広がった、責任ある内容をこなすことができるなど、これまで以上の成長を会社側にアピールすることで、収入アップは叶うでしょう。

また、資格も大きなポイントです。資格を有するという事は、それ相応の知識を身につけたという事になります。

無資格ではできない業務も可能になります。能力により月々の基本給がアップするという場合がほとんどですが、ボーナスや賞与などが増えたという場合もあるでしょう。

転職前の職種・業種

年収アップに繋がりやすい職種・業種は様々ありますが、中でも特に転職により年収アップを見込めるのが製造業からの転職です。多くの業界を比べても、この製造業は平均的な年収が低い傾向にあるため、転職することで年収アップを見込める確率も高くなるでしょう。

働いた年数や役職により異なる部分も確かにありますが、幅広い世代で見ても、この製造業からの転職は年収をあげる大きなチャンスを持っています。

また、飲食やサービス業なども大きな年収アップのチャンスを掴むことが出来るでしょう。体力・精神力を非常に酷使する業界ですが、それでも平均的な年収は簡単に上がりません。そのため、年収アップを望み転職する方も多くいるのがこうした業界になります。

各業界の平均年収

転職活動には「業界分析」が必要です。業界分析の基本は、それぞれの業界の「特徴」「平均年収」「平均年齢」を知ることです。

自身の年齢と照らし合わせ、同年代がどの程度の収入を得ているか把握しましょう。特に「平均年齢」は、あなたが活躍できるかの指標です。

自身より

  • 若い人か
  • 同年代か
  • 上の年代か

を知れば、今後の年収アップの期待度がわかります。

IT業界

IT業界は、情報が目まぐるしく変化しています。常に新しい情報を集め、提供し続けています。パソコンやスマホが一般的になり、さらに需要は多くなる傾向があります。プログラミングや開発ができる人は重宝されるでしょう。「平均年収」「平均年齢」は以下のとおりです。

平均年収

IT業界の平均年収は、約500万円と言われています。

日本全体の平均年収が約400万円ですので、やや高い傾向があるでしょう。能力や結果を重視する傾向があり、自身のスキルを活かしやすい業界です。

平均年齢

IT業界の平均年齢は38歳です。20代後半からプログラミングを学び、転職する人が多い業界でもあります。30代で入社する人も多いため、平均年齢は高めと言えるでしょう。

20代や30代の人は、今後の年収アップが期待できる業界です。

金融業界

銀行を始めとする金融業界は、平均年収が高い業界です。企業規模も大きいことがあり、長年勤めている人も多い業界です。定年退職を期待して働き続けている人も多いため、中途採用枠は少ない傾向があります。

しかし、高倍率を突破すれば年収アップを期待できるため、チャレンジしてみると良い業界でしょう。

平均年収

金融業界の平均年収は、約744万円です。新卒からずっと勤めている人も多く、40代や50代も活躍しています。重要な取引やプロジェクトを行う場合もあり、中には日本全体を動かすような仕事を受け持つ場合もあります。

平均年齢

金融業界の平均年齢は、37.9歳です。IT業界と同じ程度の平均年齢ですが、金融業界は長年勤めている人が多い業界です。

20代から40代や50代まで継続して勤め上げている人が多く、昇給などによる収入アップがあります。

不動産業界

不動産業界も、市場規模が大きい業界です。土地やマンションなどの販売を行う他、アミューズメント施設建設のため土地を確保するなどの業務があります。企業規模は様々で、小さな企業も大きな企業もあります。

転職する際には、企業規模を調べるほうが良いでしょう。「不動産業界」というだけでは、年収ダウンする可能性もあります。企業規模を確認し、確実に年収アップしましょう。

平均年収

不動産業界の平均年収は、約446万円と言われています。若い人が多く在籍する傾向があり、他業界と比較すると平均年収は低めに見えるかもしれません。

20代や30代の人は、転職する人が多い業界でもあるからです。20代や30代から転職すれば、年収アップを考えられます。

平均年齢

不動産業界の平均年齢は、31.1歳です。若い世代が集まる傾向があり、ベテランは少ないでしょう。賃貸物件の案内には、若者のほうがイメージが良い場合があるからです。

転職する場合には、企業規模などを調べてから検討するようにしましょう。

商社・流通業界

商社・流通業界は、いわゆる「運び屋」です。メーカーで製造された製品を、スーパーやデパートに運ぶ仕事をしています。

当然、荷物の整理を行うなど、それぞれの部署で異なる仕事があります。比較的40代が多く、若者の人気は減退傾向です。

平均年収

商社・流通業界の平均年収は、約404万円です。日本の平均年収と同程度で、年収アップする可能性は低いと言えるかもしれません。現在の職業での収入と比較し、検討するほうがよいでしょう。現在の年収が300万円の人は、年収アップを期待できます。

平均年齢

商社・流通業界の平均年齢は、42.1歳と言われています。40代が活躍する職場が多く、平均年齢は高めです。肉体労働も多いため、体力に自信がある人におすすめでしょう。

年収を下げないためのポイント

年収アップを期待した転職でも、年収が下がる可能性があります。年収を下げないためにはどうすればよいでしょうか。以下には、年収を下げないためのポイントを紹介します。

職歴をしっかりと記載

職歴とは、これまでどんな企業で仕事をしてどんな業務に携わってきたのか、今までどんな経験を積んできたのかという事を伝える手段として非常に大切です。

これまでの自分の仕事を理解してもらう事で能力を伝えることが出来れば、大きく年収が下がることはまずないでしょう。

転職時に悩む、履歴書の作り方を解説 履歴書を書く上での考え方 転職活動では履歴書を書く必要があります。履歴書は書類審査でも判断される重要なものです。 ...

面接で聞かれたら素直に希望年収を答える

ここはしっかり答えるようにして下さい。低い年収でもいいといった後ろ向きな回答では好印象を与えるどころか、むしろマイナスなイメージが強くなります。

自分の持つ武器に自信を持ち、ある程度の金額を提示することで企業側も安心感を得ることが出来ます。

最低額もちゃんと伝える

企業の平均年収を知った上で、自身が希望する最低年収額も明確に伝えましょう。何も伝えていなければ、最低額以下の収入になる可能性があります。年収ダウンでは転職の意味がありません。

希望年収を聞かれなかった場合の伝え方

転職面接で「希望年収」を聞かれない場合があります。面接官が忘れている場合もあるからです。その場合、逆質問として明確に意思表示しておきましょう。

まとめ

転職成功で年収アップするには、「企業分析」が必須です。業界の状況を知り、企業の現状を把握します。平均年収や平均年齢を見て、現在の職業と比較しましょう。

入社するだけで年収アップする場合もあれば、勤めた後に昇給する場合もあります。自身の「軸」を意識し、転職面接で希望は明確に伝えるようにしましょう。