転職方法について

転職ってどうやればいいかわからない!転職のやり方について解説!

転職活動での大まかな流れ

転職活動の大まかな流れを知っておきましょう。転職活動には順番があります。「行動」が大切だからといって、闇雲に転職活動したのではうまくいきません。転職成功するには、計画を立てて順序を守りながら丁寧に行う必要があります。

転職活動の流れは主に以下のとおりです。

  • 自己分析
  • 求人探し
  • 選考書類の作成
  • 面接対策・実施
  • 退職手続き

それぞれ解説していきましょう。

自己分析

自己分析は「自分をよく知る活動」です。自分の強みは何か、逆に弱みはなにか、過去の職歴や経験から、自分の長所をあぶり出します。他人とは異なる長所やスキル、資格を持っていると活かせるでしょう。

「意欲」や「コミュニケーション能力」を長所とする場合、数値化できないのが弱点です。過去の経験を深堀りし、ストーリーとして説明できるようにしましょう。

過去を思い出し、箇条書きにしてみましょう。人生がストーリーになっているため、イメージしやすくなります。

求人探し

自己分析は継続的に行い、ある程度納得できる自己分析が出来上がれば、求人探しを始めます。求人サイトや職業安定所、口コミなどを利用します。希望の企業があればホームページを確認します。

求人探しで目星の企業をみつければ「企業分析」します。応募しようとしている企業はどんな企業か、何人が働いていてどんな社風があるかを確認します。ホームページで判断できない部分も多く、会社四季報などを用いると経営状態が把握しやすいでしょう。

選考書類の作成

企業に目星をつけ、企業分析した後は「選考書類の作成」を行います。新卒であればエントリーシートと呼んでいたものです。転職の場合、個別にエントリーシートを提出するイメージです。

企業のホームページ等に記載されている応募書類を用意します。履歴書や自己PR用紙などが代表的なものになります。

文章を書いて提出する場合もあるため、時間的な余裕を作って丁寧に記入しましょう。選考書類が「一次審査」になっていることも多く、適当に応募してはいけません。真剣に1つ1つを丁寧に行いましょう。

転職時に悩む、履歴書の作り方を解説 履歴書を書く上での考え方 転職活動では履歴書を書く必要があります。履歴書は書類審査でも判断される重要なものです。 ...

面接対策・実施

選考書類を送付後は、面接対策に進みます。企業から面接日程の案内がくる場合もあれば、ホームページに記載されている日時に企業へ出向く場合もあります。実際に応募する企業に合わせ行動を変化させましょう。

面接対策は一人でできない、と考える人がいます。しかし面接で聞かれる内容は「あなたが企業にどんな利益をもたらせるか」です。

作文用紙に文章を書いてみたり、自分の発言を録音してみましょう。自分で聞いて説得力ある話し方ができているか確認します。

面接日程がわかれば、当日企業へ出向きます。実際に面接を実施して、結果を待ちましょう。

退職手続き

面接を通過すれば内定がもらえます。内定が確定した段階で、現在の仕事を退職します。内定がとれる前に退職しようとする人がいますが、生活不安に陥るためおすすめできません。転職意志を早めに伝えておき、いつでも退職できる準備しておくようにします。

働いている企業によって、退職を止めようとされるかもしれません。周囲の目が気になり、言い出せないこともあるでしょう。

しかし後から面倒なことにならぬよう、必ず丁寧に退職意志を伝え、退職手続きしましょう。

転職方法について

転職の流れが把握できれば、実際の「転職方法」が重要になります。転職するにはどんな方法があるのでしょうか。主にネットや本で探したり、人から伝わる内容があります。

以下に転職方法を紹介します。しかし、「どの転職方法が最も内定しやすいか」には答えがありません。あなたが提示する条件と、企業が提示する条件がマッチする企業が理想の企業です。1つの転職方法にこだわらず、複数の転職方法を試すようにしましょう。

具体的な転職方法

本記事で紹介する転職方法は、以下の4つです。

  • 自身で直接応募
  • 転職サイトを活用
  • 紹介
  • ヘッドハンティング

それぞれに説明していきましょう。

自身で直接応募

「自身で直接応募」は、企業のホームページなどを見て直接応募する方法です。特に中小企業や地方の小さな会社には、ホームページがない場合もあります。地元の企業などの場合、電話番号を検索して電話するのも直接応募です。

従来の方法で、企業側も最もあなたの個性を理解できる方法です。「勇気」「根性」「忍耐力」があると判断され、面接してもらいやすくなります。

しかし面接が組めたからといって、内定率が上がるわけではありません。面接でしっかりアピールし、企業に必要とされる人材でなければいけません。直接応募は、面接できる確率を少し上げる方法と考えておきましょう。

転職サイトを活用

今では主流となったのが「転職サイトの活用」です。インターネットで検索すると、「転職サイト」「転職エージェント」などが出てきます。多くの人が登録しており、転職エージェントでは、担当のコンシェルジュがついてくれる場合もあります。

あなたの悩みを聞いてくれ、解決へ導いてくれるでしょう。しかし転職サイトなどを活用する場合、転職者の「軸」がぶれやすい傾向があります。より良い情報が手に入り、様々な求人を紹介してもらえるからです。転職サイトの長所でもあり、短所でもあります。

紹介

知人や友人からの紹介も、転職するための方法です。地方では紹介で仕事を手に入れている人が多いのではないでしょうか。転職サイトに登録された地方の会社は少なく、知人に相談すれば誘ってもらえたという話が多いでしょう。

紹介での転職は、「入社しやすい」「条件を伝えやすい」などの長所があります。しかし、「知人の顔に泥を塗りたくない」「辞めにくい」などのデメリットも存在します。円満に進めば良いですが、揉め事になった場合に想像以上のストレスに悩む人もいます。

ヘッドハンティング

取引先企業などからヘッドハンティングされることもあります。特に営業職では、数字を取れる人材は重宝されます。そのため、様々な企業が優秀な人材を取り合っています。成果報酬制で給与額が決まることが多く、優秀な人には向いているでしょう。

しかし、ヘッドハンティングにもデメリットがあります。「自分を評価してくれた」と有頂天になり、自意識過剰になるからです。また、「ヘッドハンティングされた人」として見られるため、入社後に結果が出せなければ想像以上に評価が下がります。

異業種への転職を目指す!成功事例やメリットを解説 異業種転職のメリット 20代から50代まで、多くの人が転職を志すでしょう。年代により異なる課題があり、それぞれにメリット...

おすすめの転職方法

最もおすすめの転職方法は「直接応募」です。自分で企業を見つけ、直接応募する方法です。デメリットとしては、知っている企業しか応募できないという点があげられます。そのため、転職サイトと併用するのが良いでしょう。

転職サイトで企業を発見し、企業分析します。納得できる企業であれば、自ら応募してみましょう。近年では直接応募する転職者が少ないので、一本の電話だけで「やる気がある」と見てもらえるようになります。

失敗しないためのポイント

転職活動を成功させるにはポイントがあります。転職者は思い悩み、行動あるのみと考えて行動しがちですが、全体を把握し丁寧に考えてから行動するようにしましょう。

以下には、多くの失敗談から共通している「失敗ポイント」を紹介します。参考にし「失敗しないためのポイント」として活用してください。

転職活動中に仕事をやめない

転職活動中に退職する人がいます。内定が取れれば問題ありません。しかし、転職活動は簡単ではありません。特に異業種転職の場合、経験がないため内定が取れないことも多いでしょう。複数の企業を受け、内定が取れるまで行動します。

転職活動中に退職してしまうと、「内定がない不安」と「仕事がなくなる不安」に押し潰されそうになります。不安ばかりが心を支配し、面接でも前向きな発言ができなくなります。面接後に後悔し、また病んでしまう負のループに陥りがちです。しっかり内定が取れてから退職手続きしましょう。

企業分析と自己分析を徹底的に

「企業分析」と「自己分析」は、徹底的に行いましょう。2つの分析は、どちらも転職活動の基本です。基本であるゆえ、適当に感じてしまう人がたくさんいます。「敵を知り己を知れば百戦殆うからず」という言葉があるように、準備を徹底すれば成功しやすくなります。

社会人を経験すれば「準備8割、本番2割」が常識です。準備段階がどれほど大切かを述べており、「企業分析」「自己分析」はこの準備にあたります。

「徹底的」とは、「常に考える」ことを言います。内定がとれるその日まで、常に考え調べる癖をつけましょう。

余裕のあるスケジュール組みを行う

スケジュール組みをしていると、「時間がない」と感じることも少なくありません。何事も焦って行動しては結果を生み出しません。転職活動も同様です。余裕あるスケジュールを組み、ゆとりある精神状態でチャレンジしましょう。

転職準備には時間がかかります。通常、3ヶ月から6ヶ月と言われています。一般的な期間にこだわらず、自分のペースで「余裕あるスケジュール」を検討してみてください。「自分で考える」のは、どんな職業を目指す場合でも必須の能力です。

異業種への転職を目指すならしっかりと準備しよう! 異業種への転職は簡単ではない 異業種への転職は確かに簡単ではありませんが、不可能でもありません。 しかし、現在働い...

よくある質問

転職活動には「悩み」がつきものです。小さな悩みでも、転職者の精神状態を悪化させてしまいます。現在の職場で相談できるものでもなく、愚痴すらこぼせないかも知れません。

以下には、転職経験者が悩んだ質問をまとめます。ぜひ参考にしてください。

在職中と退職後どちらがいいか

転職活動は「在職中」に行いましょう。周囲の目を気にし、退職後に転職活動を始めようとする人がいますが、先述のとおり思ってもいない不安が押し寄せてきます。「自分は大丈夫」と考えず、在職中に転職活動してください。

不安とは、

  • 孤独
  • 悩み
  • 失敗

から生まれやすいものです。転職活動は不安との戦いでもあります。在職中に転職活動しても、不安に押しつぶされそうになることもあります。しかし「なにもない状態」が最も不安を感じます。ぜひ在職中に行動してください。

転職活動ってどのくらいお金かかるの

転職活動を経験した人の7割が「10万円以下」と答えます。新しいスーツや転職先への移動資金などに必要です。しかし「10万円も貯金がない」と悩む必要はありません。貯金が無くても転職活動はできます。

今はネットで安くスーツが買える時代です。見栄をはらず、経費を抑えることを考えてみてください。

転職成功者には、移動費の数百円だけで転職を成功させた人もいます。情報に流されず、可能な範囲で真剣に考えてみてください。

どのくらいの期間がかかるの

先述のとおり、一般的な転職期間は3ヶ月から6ヶ月と言われています。準備段階から退職するまでに、半年を使用すると考えておきましょう。最も長くスケジュールを組む必要があるのは、準備段階です。「企業分析」「自己分析」に時間を割きましょう。

それぞれの分析に力を入れ、時間をかけて徹底的に情報を手に入れます。自らの頭で考え、理想の企業を見つけましょう。転職活動で必要な試験は「面接」がほとんどです。面接だけなら、それほど時間はかかりません。突破するための「準備」に時間をかけましょう。

【対策】異業種転職の面接で聞かれること・抑えておくべきポイント 面接は緊張感があり、気楽に挑戦できるものではありません。準備や情報収集など様々な手間も多くかかり、嫌になり投げ出したくなる場合もあるか...

まとめ

転職活動に関する「流れ」と「ポイント」を解説しました。転職活動していると「孤独感」「将来の不安」など、精神状態を揺るがす状態に陥ります。一人で思い悩むのではなく、転職エージェントに相談するなど工夫しても良いでしょう。

転職サイトや転職エージェントを活用し、相談しながら企業を探しつつ、自らの頭で考え、企業に電話をかけましょう。「やる気」「根性」を見せ、自己分析から自分の長所をアピールしてください。転職成功は、必ず成し遂げられる目標です。