異業種転職

20代で異業種転職する際のポイントは?今後の人生を豊かにする転職先

20代という若い世代の方が異業種への転職をすることは珍しくはありません。

気力、体力があるうちに大きく視野を広げるために異業種へ転向し、自分自身の更なるレベルアップをすることで、将来への可能性も未知数となっていきます。

20代の前半と後半ではどのくらい転職のしやすさに差があるか、必要なスキルや経験とは何なのかをご紹介致します。

20代における転職はとてもチャンス

将来性を見てくれる

若くして異業種転職を考える方はとても多く、それにより大きく成長できるチャンスをつかむことができるでしょう。

また、20代という若さでの異業種転職率は年々増加傾向にあります。例えスキルや経験が乏しくても悲観する必要はありません。未経験であっても若さがありポテンシャルが高ければ、将来性をしっかりと見てくれる企業は数多く存在します。

しかし、今の仕事が何となく嫌だから転職しようという安易な考えでは成功する確率は下がってしまいます。

受けられる業界の幅は広い

若ければ若いほど、転職を受け入れてくれる企業は増えます。企業の中には年齢制限を設けている場合などもあるため、スキルや経験があっても年齢で引っ掛かり入社できないという事もあるでしょう。

しかし、若い応募者は将来の伸びしろ、これからの成長などを見込み、様々なジャンルの企業で受け入れを行っています。

自身のキャリア形成についてちゃんと考えよう

自分が将来どうなりたいか、どのように成長していきたいのかを明確にすることで、より自分自身が輝ける、新しい場所を見つけることが出来るようになるでしょう。

企業にとって、応募してきた人材の若さは大きな魅力となりますが、それだけで採用を決めることは決してありえません。

まずはしっかり自分自身と向き合い、具体的な将来像を作り上げることで、企業としても未来ある有能な人材を快く受け入れてくれるでしょう。

20代での転職で意識するポイント

20代の異業種転職で特に意識するポイントは「将来性」や「向上心」です。

社会人としての経験が浅く若手の20代では、とにかく本人の将来に対する熱意や前向きな姿勢が大きく評価に関係してきます。目標を明確に持ち、意欲的に業務に取り組む方を業界は求めています。

若さは転職における非常に強力なメリットとなるため、そこに成長する伸びしろを盛り込むことで強い向上心をアピールし、長期的な戦力として価値があるという事を伝えることが出来るでしょう。

20代前半・後半で変わってくる

20代での異業種転職では、アピールすべきポイントに意識を持つことで、企業側により強く好印象を与えることが出来るようになります。

しかし、簡単に20代と一括りにすることはできません。前半と後半では難易度が変化し、盛り込むべきポイントも大きく変わります。

事前にこうした情報をもとに準備を行うことで、面接時に自信をもってプレゼンを行うことが出来るようになるでしょう。

20代後半になると難易度は上がる

20代前半はとにかく若く前向きな姿勢を強調することが大切ですが、後半は若さだけをアピールするわけにはいきません。

ある程度の社会的経験を蓄積した20代後半では、今あるスキルや経験をどのように活かせるのかを示す必要があるでしょう。

ただ若いという事を前面に押し出すのではなく、若さとこれまでの経験を上手く組み合わせたオリジナリティのあるアピールをする事で、強く印象付けることが出来るようになります。

企業研究をしっかり行う

興味のある企業を調べ、理念や将来性をしっかりと理解することで、より効果的なアピールをすることが出来るでしょう。

どれほど熱心に企業研究しているかを伝えることで、企業い自分の本気度を理解してもらえるでしょう。熱い思いを上手く伝えるためにも、手を抜かずに行うことが重要です。

転職していいタイミングかしっかり見つめ直す

20代の方の多くは、「若いから転職はいつでも大丈夫」と思っている方もいるかもしれません。しかし、そんな簡単にいくようなものではありません。

転職のタイミングはとても大切で、特に新卒3年以内の早い段階での異業種転職では、社会人としてのマナーや教養などの基本的な部分が出来ているため企業としても育成しやすく、大きな将来性を期待できるので絶好のタイミングと言えるでしょう。

本人の意思次第の部分はありますが、いつが転職すべきタイミングなのか、どのようにタイミングを見極めるのか迷っている方は、新卒2~3年、長くても5年以内を目安に考えてみてはいかがでしょうか。

20代での転職について良かった意見をピックアップ

仕事が楽しい、やりたい仕事ができる

前職とは全く異なる業種でしたが、前々から興味があり、企業研究をする中でさらに魅力を感じ思い切って転職を志望しました。

前の職場が嫌だと思った事はありませんでしたが、働き始めると自然と仕事に対するやりがいや楽しさを感じることが出来るようになりました。

また、転職して分かったことなんですが、自分が本当にやりたかったことが出来ているように感じます。これからの将来も希望をもって進んでいけそうな気がします。

スキルが増えた、知識が身についた

異業種転職をし、はじめは緊張感でただただ必死に仕事を覚える毎日でした。

しかし、ある程度慣れてくると自分のやり方や効率のいい進め方などが自然と分かるようになり、自分自身の仕事に対するスキルが上がった気がします。

様々な知識も身に付き、入社して4年で新人教育をするまでになりました。

残業が減る、休みが増えた

以前はIT関連に携わっていました。元々営業の仕事がしたかったのですが、新卒の際に内定を頂けたところに行くことにしました。

しかし、どうしても営業職をあきらめることが出来ず、社会人3年目で転職を決意しました。3年間IT業界で培ったコミュニケーション能力や対人スキルが非常に役に立ちました。

また、残業や時間外労働が減り、休日出勤もよほどのことがない限りないので、プライベートを楽しむ余裕が出来るようになりました。思い切って転職したおかげで、日々充実した毎日を送れています。

20代での転職で失敗した意見をピックアップ

収入が減る可能性がある

25歳の時、元々憧れていた全く違う業種へ転職しました。しかし、転職してからは慣れない仕事に追われ、収入も減ってしまいました。

前職では入社3年目でキャリアアップし基本給が増え、様々な手当があったのですが、当然転職後はこうした給与面での差に落胆しました。しかし、転職も異業種へ進んだのも自分が決めた事なのでとにかく毎日必死でした。

今では懐かしい思い出の一つになりましたが、正直、転職していなければもっと高給取りになれたかもしれないと少し後悔している気持ちもあります。

忙しくなる、残業が増える

飲食業からエンジニアとして転職を行いました。全く未知の仕事ではあったのですが、ネット社会に対応できるようIT業界へと進む決意をしました。

多くの教育などを行ってもらい沢山の知識やスキルを身につける事で精一杯でしたが、気が付けばとても忙しく、残業や休日出勤が当たり前になりました。

こうしたことももっとよく調べればよかったと反省しています。

まだ20代なので、もう一度転職をしようかと考えています。次は妥協せずに良く企業研究をして、会社の隅々まで見極めたいです。

人間関係での悩み

新卒で入社した会社では将来性を見いだせず、入社3年目の時期に転職しました。

企業研究などもある程度行い入社し、仕事自体はやりがいもあり充実していたのですが、正直上司にはがっかりしました。自分は何もせず遅刻は当たりまえ。手柄は横取りでミスは押しつけ、こんな人がいるのかととても驚きました。

幸い他の方々はみな優しくいい方ばかりなので何とか続けていますが、いつまで続けられるか分かりません。

20代で転職しやすい業界

20代の異業種転職において、オススメの業界や転職しやすい業種などはどんなところなのか、興味のある方も多いのではないでしょうか。

ここでは、20代前半、後半のおススメ業界や活かしやすいスキル、または強みとなる経験などをご紹介致します。

比較し、今の自分と相性が良い企業はどんなものなのかをぜひ確認してください。未経験から受け入れてくれる企業も数多くあり、新しく挑戦したいというチャレンジ精神はとても評価されるでしょう。

20代前半20代後半
オススメ業界長期的戦力として様々な企業から高い需要がありますが、その中でもIT業界や建設業など、慢性的に人手不足の業界では、将来性のある若い人材を求めている企業が多くあります。特にIT業界は、ネット社会の現代人に人気の高い職種のでもあります。20代前半同様、様々な業種がありますが、中でも介護・福祉業界、建設業、飲食業などは、一定期間のしっかりした社会人経験を有するが20代後半は、特に需要が高い業界です。特徴としては、人とのかかわりが強い業界からの需要が強いでしょう。
転職に活きるスキル特別な要素などはあまりなく、基本的な社会人スキル、電話応対や書類整理などの基礎的事務作業などを、きちんと行ってきたかなどが大きな判断材料の一つとなります。社会人としてのマナーはもちろんですが、対人スキルや、社内の人間とのコミュニケーション能力など、人に関わるスキルに長けているかどうかが要となるでしょう。
転職に活かしやすい経験20代前半では、この数年間でどれだけ社会人としての基本的なルールやマナーを身につけたのか、先輩社員から何を学んだかなど、大きな経験でなくとも、こうした小さな社会経験をいかに自分の成長につなげ、今後活かしていけるかが肝心です。培ったコミュニケーション能力などは、貴重な経験としてどんな職種でも活かすことが出来ます。異業種転職ではとにかくやる気が肝心です。上手くコミュニケーションをとることで、自主性を強めつつ周りとの調和をバランスよくとる事が出来るでしょう。

まとめ

20代の異業種転職は、確かに様々な業界からの需要が高く、他の年代に比べれば比較的スムーズに進むかもしれません。

しかし、いい加減な志望動機や中途半端な覚悟では、必ずどこかで失敗してしまうでしょう。

企業そのものを理解し、自分の目標や思想と結びつけることで初めて成功への道が開かれます。社会人としての基本をしっかりと身につけ、目先の事だけではなく、遠い未来にある望むべき姿を手に入れるために、若さを大きな武器とし前向きに進んでいくことが大切です。