異業種転職

異業種転職を成功するためのポイントを解説!

異業種転職を成功させるために

異業種転職を成功させるには、何が必要でしょうか。「成功」を手に入れるには、常識にとらわれない精神力が必要です。課題を見つけ目標を設定するのは当然ですが、道筋になる「行動」を忘れてはいけません。

行動し結果を掴むイメージが必要です。本記事では、あなたが異業種転職を成功させるために必要な情報と考え方を紹介します。

考えるポイント

異業種転職をするために、事前準備を始めましょう。事前準備とは、考えることです。「何を手に入れたいか」「どうなりたいか」を具体的にイメージします。

人はイメージできないものを手に入れられないと言われています。逆に、イメージできるものは手に入れられます。しかし、漠然としたイメージでは過程を見失い、結果を追求するのが難しくなります。

何をどうすれば結果を手に入れられるかをイメージし、紙に書き出しましょう。事前準備の方法を学び、あなたのイメージを具体化させていきます。

事前の準備をしっかりと

異業種転職を考える際、「給与アップ」「人間関係向上」「自由な時間の捻出」などを考える人が多いでしょう。果たして「給与アップ」や「人間関係向上」は、異業種転職で成し遂げられるものでしょうか。いえ、実際はどんな仕事も大変で、イメージしていたより難しいのが現状です。

難しいと感じるには原因があります。自身の理想を見失い、転職先企業の情報を手に入れていないからです。自分勝手な妄想をやめ、転職先企業の情報を手に入れましょう。

そして理想の自分をイメージしてください。自身が求めるものを準備している企業があります。「転職に成功した」と思えるために、自己分析と企業分析を徹底的に行いましょう。

年代別での異業種転職

年代別に異業種転職を成功させるための考え方を紹介します。同じ異業種転職でも、20代と40代では考えるべきことが異なります。年代により必要とされるイメージが違うため、説明していきます。

20代の転職について

20代は、会社に抱く理想を掲げ、熱意と情熱をアピールしましょう。どんな未来を送りたいかを述べ、自分の長所を明確にします。

例えば「トーク力」に自信がある方は、トーク力を活かしてお客様にプレゼンできる力があるかもしれません。販売力にも繋がり、企業の売上アップに貢献できます。

得意分野を伸ばすよう努力し、転職先に利益をもたらす具体的な方法を考えましょう。

20代で異業種転職する際のポイントは?今後の人生を豊かにする転職先 20代という若い世代の方が異業種への転職をすることは珍しくはありません。 気力、体力があるうちに大きく視野を広げるために異業種へ...

30代の転職について

30代で転職を考える人は、自らの生活環境が変化していることが多いでしょう。結婚や離婚を含め、生活環境を変化させる要因は無数にあります。自身の収入を増やす思考になり、全体が見えなくなります。30代の転職では20代とは逆に、全体を見るよう努力します。

自分を取り囲むすべての人に利益をもたらす方法を考え、相乗効果を生み出す努力をします。人を巻き込み、会社に莫大な利益をもたらす手段を考えておくと良いでしょう。

「トーク力」を例にあげれば、会社内外の人とコミュニケーションをはかり大プロジェクトを成功させるなどでしょう。自身にも企業にもメリットがあり、即戦力として扱われる可能性が高まります。

30代での異業種転職でおすすめの業界は?転職成功のポイントも解説 30代での異業種転職について 30代での異業種転職は、40代や50代に比べれば転職しやすいです。しかし、簡単にできるもの...

40代の転職について

40代になれば、家庭がある人は教育資金が必要な年代です。子どもやパートナーを幸せに導くため、収入を更に増やすを期待しているかもしれません。また独身の場合、夢や目標を追いかけるタイミングです。

20代とは異なり、漠然とした夢ではいけません。具体的な道筋を明確にし、スモールステップで結果を得る道筋を語れるようにします。自身の長所を明確にする必要があります。

「トーク力」が長所なら、社内の若者にわかりやすく能力向上の方法を伝えます。将来を見据えた人材育成ができるため、長期的な目線で企業から好印象をもらえます。

40代での異業種転職で失敗しないポイントとおすすめの業界について 会社を変えたい、新しい事にチャレンジしたいという思いは、年代関係なく芽生えてくるでしょう。 そんな異業種転職という未知なる業界へ...

異業種転職を成功させるためのポイント

各年代における考え方を理解し、異業種転職を成功させるポイントをおさえましょう。以下には、異業種転職を考える際、どんな職業でも必要な思考を紹介します。

転職活動における軸を持つ

転職活動には「軸」が必要です。自分にとって「何を最優先させるか」です。収入や人間関係を考える人もいます。しかし、自身の自由な時間を確保するのが重要かもしれません。

軸には正解はなく、自身の心と向き合う必要があります。家族がいる場合、家族を守るために「最も大切なのは何か」を考えましょう。

経験・スキルをどう活かせるのか

経験やスキルは、あなたが通過してきた道の集大成です。例えば筋トレを毎日続けている人は、必ず体力がついています。同様に、社会人として経験した内容も、あなたの力です。

  • トーク力
  • 営業力
  • プレゼン力

など、経験から身につけたスキルがあるはずです。自己分析して自身のスキルを明確にし、転職先に利益を与える方法を考えましょう。

応募業界の業界研究

転職活動は恋愛と同じです。相手のことを知らずして恋に落ちることがないのと同様に、企業研究しなければいけません。

あなたのことをアピールするのは、企業にあなたを紹介するためです。ネットや雑誌、口コミを利用し、情報を集めて業界研究しましょう。会社四季報を利用すれば、多くの情報が手にはいります。

柔軟性をもつ

前職での経験をアピールする人がいます。社会人経験が長くなれば、仕事ばかりしている人がいるからです。しかし前職の経験は役に立たないことがあります。

例えば営業部の人が、経理部に移動するイメージです。全く異なる世界が広がり、常識が変わります。異業種転職では会社が変わるため方針が違い、前職のやり方に固執しない柔軟性が必要です。

異業種転職を成功させやすい業界

異業種転職を成功させやすい業界を紹介します。異業種転職をしやすい業界とは「人材不足の業界」です。企業は優秀な人材を求めています。

しかし有名企業などに応募が殺到するため、他の企業では人材不足になります。即戦力を求めている傾向が強くおすすめです。

IT業界

IT業界はドッグイヤーと言われるほど、情報が目まぐるしく変化しています。あなたが手にしている情報は既に古いかもしれません。しかし臆する必要はありません。

IT企業は変化する時代を捉える根性がある人材を求めているからです。やる気や根気を長所にし、ポジティブな思考でチャレンジしてみてください。

人材業界

人材業界も、人手が足りていません。多くの人が職を失い、今後に不安を抱える世の中です。企業は優秀な人材確保を考え、個人は転職を志します。

企業と個人を結ぶのが人材業界です。人材業界に転職するには、コミュニケーションスキルや事務処理能力をアピールします。主に対人スキルを長所として述べ、人の心に寄り添えるよう努力しましょう。

サービス業界

宿泊施設など、「快適さ」、「ホスピタリティ」を提供するのがサービス業界です。サービス業界に転職するには、対人スキル、体力や根性をアピールします。

宿泊施設の場合、快適な空間を作るには布団を敷くなどの体力仕事があるからです。身につけたスキル以上にやる気が重視されます。

異業種転職での成功事例

異業種転職で成功した方を紹介します。各年代別に1人ずつ成功例を紹介するため、自身の年代にあわせて参考にしてみてください。

コンビニ店長から営業職

学生時代からアルバイトでコンビニ店員をしていた港さん(仮)は、新卒で入社しました。数年後、店長に抜擢され3年間勤務したそうです。

しかしコンビニ店長は単純作業が多く、バイトのシフトづくりなどに翻弄される毎日。やりがいを感じたいと営業職に転職しました。訪問販売時など、お客様の顔が見れると満足しています。

家族のために公務員へ

営業職で働いていた亮さん(仮)は、28歳で結婚しました。結婚後すぐに奥様の妊娠がわかり、育児資金を検討し増収を考えたそう。

しかし子どもとの時間も大切にしたいと考え、31歳で公務員へ転職しました。通常、公務員は30歳までの募集しかないと思われていますが、情報収集の末31歳でも転職できる職場を見つけたそうです。

運送業からサービス業へ

42歳のゆかりさん(仮)は、大手運送業で働いていました。結婚後、子育てのため育児休暇をとり、社会復帰して数年後に腰を痛めてしまったそうです。

会社はゆかりさんを理解してくれたそうですが、思うように働けないジレンマの末に転職を決意。温泉を経営する企業に入社し、お客様の笑顔と共にゆったりと仕事に打ち込んでいるそうです。

ドライバーからの転職はできる?経験を活かせる業界やスキルについて ドライバーの仕事について 仕事の特徴 タクシーやバスなどを運転し人を運ぶドライバー荷物を様々な地へ届けるドライバー...

まとめ

異業種転職は簡単ではありません。しかし本記事で紹介した成功例を見れば、「明確な理由」により転職可能と理解していただけるでしょう。漠然とした理由ではなく、前職の退職理由を明確にする必要があります。

異業種転職で重要なのは、小手先のテクニックではなく情熱や熱意などの感情的な部分です。誰かのために行動したいと考え、自身の理想の職場を手に入れてください。