現職からの転職

ドライバーからの転職はできる?経験を活かせる業界やスキルについて

ドライバーの仕事について

仕事の特徴

  • タクシーやバスなどを運転し人を運ぶドライバー
  • 荷物を様々な地へ届けるドライバー
  • 新生活のための引っ越しを手助けするドライバー

など、一言でドライバーと言ってもその職種は実に様々あります。

大切な荷物や人命を預かるドライバーは、安全に、尚且つ時間をきっちり守りながら仕事をこなさなくてはいけません。そのため、時間配分や計画性などのスケジュール調整が重要となります。

やめたい理由について

1.精神的重圧

どうしても事故の確率も高くなります。安全安心の運転を心掛けていても、必ずしも「絶対に大丈夫」という訳には行きません。

そのため、毎日重くのしかかる重圧に耐えられなくなるという方も多くいます。

2 .身体の限界

荷物を扱うドライバーの中には、荷物の積み込みなどをすべて自分自身で行う必要があります。そのため、腰や膝を痛めてしまうなんてこともあるでしょう。

こうした体力面や身体面で限界を感じ、退職を考えるという方も少なくありません。

3.お客様との関係

日々様々なお客様を乗せるドライバーの場合ですが、昨今は理不尽なクレームや危険な暴力行為などが増加傾向にあります。

そのため、不本意ながらも身の危険や精神的苦痛に耐えられず仕事を辞めるという選択をする方もいるでしょう。

4.時間的自由がない

ドライバーの仕事は、常に時間との戦いです。長距離トラックなどは睡眠時間を削られたりするのは日常茶飯事となります。

日々の疲れが蓄積され回復するのが難しく、プライベートが疎かになりがちです。そのため、仕事への意欲を失っていってしまう方もいます。

ドライバーの強み、身につくスキル

コミュニケーション能力

お客様と直接かかわりを持つドライバーは、高いコミュニケーション能力が必須となるでしょう。その日、その時のお客様の状況に応じた接客が求められ、自然にスキルとして身につける事が出来ます。

スケジュール管理

荷物の配送ドライバー、タクシー、バスなど、全てのドライバーはスケジュール計画に注意して業務を遂行していきます。

時間通りに到着できるか、いかに時短ルートを確保できるかなどは、個人のスケジュール管理能力にかかっているといっても過言ではないでしょう。

責任感

「大切な荷物を扱っている」「人命を預かっている」という強い責任感が必要なドライバーは、中途半端な気持ちでは仕事をこなすことはできません。

常に安心・安全を考えた行動をすることで、他業種においても特に必要な仕事に対する大きな責任感を育むことが出来ます。

マナー・モラル

ドライバーとしての仕事に最も必要なのは、大人としてのモラルやマナーです。ドライバーは様々な業種がありますが、そのどれもが人やもの、企業をつなぐための架け橋となる存在です。

最低限の大人のモラル・マナーは、どんな業界でも必ず必要となるため、非常に大きな強み。

運転スキル

毎日仕事として運転するからこそ細かな気配りや、安心・安全に配慮したスキルを身につけることが可能となります。周りを見ながら危険を回避する能力も増していきます。

これらはどんなジャンルの業種においても必要なスキルとなり、自分自身の大きな強みとしてアピールできる。

ドライバーから転職がおすすめの職種

営業職

営業職はコミュニケーション能力がモノを言います。人との話し方やマナーを特に重要視されるため、ドライバーとして培ったコミュニケーション能力、モラルやマナーが大きな強みとなり有利に転職を進めることも可能となります。

営業職から異業種へ転職!経験を活かせる業界やスキルについて 営業職について 様々な職種へのチェンジが可能 営業職はどんな業界にも必ず必要な職種となります。また、社会人としての...

接客業

コミュニケーションの中から様々な情報を引き出しオススメの商品・サービスを提供する接客では、判断力や責任感がも最も重要となります。

これらはドライバー時代に自然にスキルとして会得できるものです。そのため、転職後は即戦力として活躍できるでしょう。

コールセンター

丁寧な話し方と説明力などが重要な職業です。顔が見えないからこそ、真摯な言葉のやり取りが非常に大切なコールセンターは、ドライバーとして培ってきたコミュニケーション能力や、アポ取り後のスケジュール管理などがとても大きな強いスキルとなるでしょう。

エンジニア

エンジニアは基本チームワーク、チームプレーが大切です。そのためのコミュニケーション能力や期日までに完成させるべき管理能力、スケジュールや計画性などが重要となります。

時間通りに運ぶというドライバーと同様、自分自身でマネジメントしつつ仕事を進めることが大切になります。

SEから転職ってどう?経験を活かせる業界やスキルについて SEの仕事について IT業界に携わった経験のない方でも、このSEという言葉は聞いたことがあるのではないでしょうか。「シス...

ドライバーから転職が可能な業界

IT業界

IT業界は資格や経験がなくても転職が可能で、前職に関係なく基本的なパソコンスキルがあれば誰でもチャレンジすることが出来ます。

また、IT業界は今後の将来性も高く、「手に職」となるため常に転職人気が上位となり、競争率が高いのが特徴です。

ハウスメーカー

ハウスメーカーの仕事で大切なのは、お客様への適切な提案力と、安心感を与える気遣いが重要です。

平均以上のモラル・マナーを有しているドライバーは、こうした部分も自然と行うことが出来るため、非常に強い武器として活用できるでしょう。

まとめ

イメージとしては肉体労働で大変なことが多く、ネガティブな業種という印象が強いドライバー。しかし細かな気配りや周りを見ての状況判断能力などに長けています。

特定ジャンルの専門的スキルよりも、こうした人としての内面の強みはどんな業界でもとても重宝されるため、ドライバーからの転職は大きく夢のある世界が広がっているでしょう。