異業種転職

50代での異業種転職は可能?成功させるコツとおすすめの業界を解説

新しい目標を見つけチャレンジするのに年齢は関係ありません。近年では50代以上の求人募集も増加傾向にあります。

しかし、やはり20代30代に比べると狭き門となるのも現実です。

ですが諦めることはありません。新しい人生のスタートを切り突き進むためにはどうすべきかなど、50代の異業種転職希望されている方への様々な情報をお伝えいたします。

50代での異業種転職は可能です

50代での異業種転職は、確かに難しく簡単にできるものではありません。しかし、自分の能力やスキルを最大限活用すれば、希望する新しい分野へのチャレンジは十分可能です。

特に注意すべき点をしっかり見極め、有利にすすめられるようしっかりと準備が必要となります。

40代同様に求人は少ないが転職自体は可能

50代での異業種転職は、40代同様に求人全体の割合から見ても少ないですが、不可能という訳ではありません。

実は意外と50代でも受け入れてくれる企業は多いんです。場合のよっては50代の世代を求めているという企業もあります。

まずはしっかりと隅々まで求人情報を見て、年齢から探してみて下さい。

よりマネージメント能力は必要になる

50代で求められる最低限のスキルとして、マネージメント能力は欠かせません。40代での転職に関しても求められますが、50代ではそれ以上の能力が必要となります。

  • 管理職としてどの程度会社に貢献したのか
  • どのくらい人材を育て上げ企業の役に立ってきたのか
  • 自身の働きで改善された業績・組織体系

などがあれば大きな評価ポイントとなりますので、ぜひアピールしましょう。

豊富なスキルや経験を武器にキャリアアップを

50代では強みとなるのがこれまでの豊富な経験やスキルです。上手くアピールすることで、異業種転職後のキャリアアップも見込めるでしょう。

管理職などの人材が不足している企業は非常に多くあるため、これまでの経験などをしっかり伝えることで即戦力としての能力を認めてもらうことが出来るでしょう。

50代での転職に失敗しないために

50代での転職は失敗せず、スムーズに進めたいと思うのが本音ではないでしょうか。そのために抑えておくべき内容をご紹介致します。

この部分をしっかり理解しうまく活用できなければ、50代の異業種転職はさらに難しくなってしまいます。

今まで以上にリスクも高まっている

50代での転職は必ずリスクが生じます。年収が下がる、人間関係が一から始まる、待遇に差が出るなど、様々な条件は確実に下がるでしょう。

長年働いていた企業での待遇などを最初から求めることは難しいです。上手くいけば早期キャリアアップも見込めますが、こうしたリスクは覚悟しなければ異業種転職は不可能です。

年収が下がることは覚悟する

前述した通り、確実に年収は下がります。職種や役職などにもよりますが、50代での異業種転職後に、年収が大幅に下がったという方が多くいるのが現実です。

中には、生活水準を下げなければいけなくなったという方もいます。

仕事をするうえで特に重要視すべき給料面ですが、これまでと同様かそれ以上というのはまずは諦めましょう。転職直後は必ず下がります。

大手企業・正社員以外も視野に入れる

50代での異業種転職は、他の年代に比べ数が少ないという現状があります。そのため、求人検索をする際に有名な大手企業や正社員以外の雇用形態も視野に入れましょう。

50代であっても、入社後に正社員への挑戦もできますので、まず転職を成功させるためにはこうしたこだわりは捨てましょう。

自身の経験やスキルを最大限活かす

これまで働いていた中で何を経験し、そこでは何を学んだのか。その学んだことを仕事にどう活かしたのか、どのように会社に貢献し何を得たのか。また、どんなスキルを培ってきたか、それにより何を掴んだのかなど、これまでの経験やスキルを最大限活かしたアピールをしてください。

具体的、かつ50代という年代だからこその内容は、企業側に強い好印象を与えることが出来ます。

50代での異業種転職におけるポイント

50代の異業種転職では、注意すべきポイントを把握し自分自身をうまく見せることが肝心となります。

仕事の能力はもちろんですが、人柄なども企業側から見れば大切な判断材料となります。5

0代で重要なのはこれまでの経験などに加え、人としての根本的部分も含まれてきます。

マネジメント経験、保有スキルの有無

自分だからできた事、自分でなければできなかったこと、教育した人材がどう育ったか、どの程度会社の役に立ってきたかが重要です。

また、どんなスキルを持っているのか、何に自信があるのかなどを良く確認しましょう。

業界への専門性が高い

50代であれば、業界に対する一定以上の専門性が求められます。どの程度の知識を有しているのかというのは、いかに真剣に仕事に取り組んできていたかなどの判断材料の一つとなるでしょう。

コミュニケーション能力・モラルや人柄

50代という年代を採用するにあたり、企業側が特に注意するのが人柄です。新しいことへの積極性はもちろんですが、職場環境への影響が大きな懸念となっています。

年下上司への態度、社会人としてのモラルなどがネックとなるという企業も多く存在しています。

「凝り固まった思考を持っている」「頑固で扱いにくい」というイメージが強くあるため、こうした部分をいかにアピールできるかがカギとなるでしょう。

50代での転職におけるモデルケース

金融業界からITへ

金融業界からIT業界への異業種転職は、年代問わず多くの方から指示されている異業種転職です。

金融業界では、実に様々な経験を積むことが出来ます。その中には、資料作成でのパソコンスキルや様々な業種の方とのつながりなど、IT業界に通じる部分が多いという面でもメリットがあります。

IT業界は、基本的スキルがあれば年代関係なくチャレンジ可能です。金融業界で培ってきた高い財務管理やコミュニケーションスキルは、IT業界で大いに活用できるでしょう。

さらに、高いビジネスマナーも身につける事のできる金融業界では、50代という年代だからこその安心感もありますので、大きなチャンスを掴むことが可能となります。

人材サービスから出版業界へ

人により考え方や物事の捉え方など多様にあり、そういった方々に最適な提案を行う人材サービス業は、人と人をつなぐエクスパートと言えるでしょう。

そこで養われた人を見る目、物事の考え方などは、出版業界で大きな活躍の場を期待できます。

今何が人気なのか、人はどう思うのか、今人々はどんな事に興味があるのかなどを知りまとめるスキルに長けている人材サービス経験者は、ニーズをとらえ上手く反映させる高いスキルを有しているでしょう。

国内メーカーから外資へ

外資系と国内メーカーは、基本的な仕事に対する姿勢や考え方が異なります。国内メーカーから外資企業への異業種転職の場合、そのギャップの一つでもある日本独特な仕事に対する考え方が消え去るでしょう。

基本的に日本では「仕事が第一」という根本的思想がありますが、外資産業ではこうしたことはありません。そのため、自由度が高く最初は落ち着かないという方も多くいます。

しかし、こうした外資系産業に足を踏み入れることで、グローバル時代の流れに合った情報を知り、多くの新しい世界が開かれていくでしょう。

50代の転職で全くの未経験でもOKな業界

運送業界

運送業界は、様々な業界からの転職希望者を広く受け入れています。ネットが普及し通信販売が主流となってきた昨今では、運送業はとても忙しく常に慢性的な人手不足となっています。

また、少し前にこうした運送業のドライバーに対する待遇改善などもあり、一昔前に比べると働きやすい環境へと変わってきました。

しかし、昨今話題となっている荷物へのクレームや居留守問題などでストレスがたまるというのも現実です。体力も必要ですので、簡単に出来る仕事ではありませんが、コロナなどのような社会に大きな影響を及ぼす事態が起こっても仕事がなくなることはありませんので、そうした面での心配などはまずないでしょう。

運輸業界

運送業との違いについての定義があまりされていない運輸業ですが、運送業以上の長距離、広範囲で行い、かつトラック以外にも船や列車など、様々な配送手段を用いることを運輸業と呼びます。

こうした運輸業界でも、前職の経験などはあまり関係ありません。重要なのは「安全に正確に荷物を届ける」という点です。こうした気持ちがあれば年代関係なく働くことは可能でしょう。

また、運輸業界も人手不足が懸念されてきています。健康的で体力や気力に溢れている方であれば、年齢関係なく活躍の場を掴み取ることが出来るでしょう。

警備関係

商業施設や工事現場などで、安全をしっかりと守っている警備関係も、実は50代以上の年代からの異業種転職において狙い目な業種になります。

トラブルなどが起きた際に迅速に対処し、事故や事件を未然に防ぐ非常に責任重大な仕事になりますが、同時に大きなやりがいも感じられるでしょう。

タクシードライバー

タクシードライバーは50代の方の採用を積極的に行っています。というのも、長年の経験などにより多くの道を知っていて、抜け道や近道など、お客様のニーズに合わせた対応が出来ると考えているからです。

そのため、タクシー会社は若い世代より、地域に熟知している50代の方の採用を多く求めています。

一定の運転技術と知識、経験があれば特別な資格などは必要ありません。マイナスイメージも強いタクシー業界ですが、50代の異業種転職では特に人気の業種の一つとなっています。

介護業界

50代からの介護業界への転職は、年齢関係なく未経験であっても広く受け入れてくれる半面、厳しい面があるのも事実です。

介護職は非常に体力、気力を必要とします。生半可な覚悟では長く続けることは不可能でしょう。

また、現場で働くだけが介護ではありません。施設職員として直接利用者とかかわる仕事や、施設に入所する方へのアドバイスを行う者、高齢者が住みやすい環境を作る者など、介護と一言で言っても様々な業種があります。

まとめ

世間的に見ても一筋縄でいかないのが50代の異業種転職です。多くのリスクや問題があり、一つ一つを乗り越え強く覚悟しなくては、望む結果は得られないでしょう。

しかし、これまで自分が培ってきたスキル、多くの経験は非常に有効な武器となります。

まずは自分のこれまでを振り返り、客観的視点から考察しておくことが肝心です。今後の人生についても良く考え、失敗しないための事前準備を念入りの行ってください。