地方からの転職

大阪から転職上京する方向け!違いやメリットなどを解説

大阪からの上京時に感じる違い

大阪からの上京は、様々な不安や期待も入り混じる人生の大きな岐路でもあります。

実際に状況した時に感じた事、状況によるメリット・デメリット、事前準備など、お仕事での転職によりこれから上京する方に向けにご紹介します。

言葉の違い

大阪では標準語ではなく大阪弁を使用していますので、中には東京で通じない単語なども出てくるでしょう。
慣れ親しんだ言葉ではありますが、上京することで周囲に違和感を与えてしまう事もあります。

関西出身のタレントさんなどが増え身近なものとして認識されていますが、中には標準語以外の言葉に嫌悪感を抱く方もいるのも事実です。



大阪から東京に上京した方の中には、必死に努力して標準語をマスターしたという方も多くいるのが現状です。

文化の違い

関東と関西には様々な文化の違いがあります。エレベーターの右側に乗るか左側に乗るか、うどんなどの出汁の違いなどが有名ですね。

その他細かな部分になりますが、今まで当たり前だったことが全く異なるという体験をした方も多いのではないでしょうか。

最初は戸惑ってしまうかもしれませんが、慣れれば違和感を感じることは少なくなります。

人柄、性格の違い

大阪と東京でよく比較されるのが人柄や性格などです。

一般的なイメージとしては、「明るく社交的でどんな人にも親しみを持つ大阪」と「親しい人へは親身になるけど他人には冷たい東京」という違いではないでしょうか。

しかし、この部分は人それぞれ異なりますので、一概にすべての人間が振り分けられるという事はありません。

イメージ通りの人がいるのも事実ですが、先入観に囚われ一括りにしないように注意して下さい。

給与等の条件の差

大阪は関西の大都市として非常に大きく発展していますが、やはり東京と比べると給与にも差が出てきます。

平均的に東京と大阪の年収の差は最大で150万円前後となり、職種によっても、異なりますがやはり大阪の方が低くなってしまうという傾向にあります。

日本の中心でもある東京では、大阪と比べ給与面でも大きな差を感じるでしょう。

大阪から上京される方の中には、この給与面に魅力を感じ決意するという方もいるのではないでしょうか。

東京に出てきたときに感じるメリット・デメリット

東京へ転職する事は、不安よりも期待が大きいかもしれません。
しかし、良い面であるメリットもあればデメリットと感じる事も有ります。

一部ではありますが、ご紹介します。

メリット

まずは東京への転職、上京によるメリットをご紹介します。

求人の幅が広い

東京では多くのジャンルの職業の求人があります。その理由の一つとして、様々な企業の本社・本部が東京にあるという場合が多く、一つの企業の中でも色々な職種を募集しています。

そのため、東京は求人の幅が非常に広いと言えるでしょう。「ない仕事はない」と言われるほどの求人の幅があり、チャレンジしてみたいという珍しい業種も多くあるでしょう。

自分に向いた仕事を見つけることが出来るかもしれません。

求人数自体が多い

会社、事業所、店舗数などが日本で一番の東京では、その分仕事も多くあります。「販売」「営業」「事務」など、細かく業種を絞り込んだとしてもたくさん見つけることが出来るでしょう。

Webの求人サイトやフリーペーパー以外でも、町中には求人情報があふれており、その数は全国でも一番の多さになります。

未経験でも挑戦できる仕事も多い

求人数が多い東京では、応募条件も企業により様々です。中には未経験、無資格、知識なしでも始められる業種も多くあるのが特徴です。

仕事を覚えつつ成長を促す体制が整っている企業が多くあり、特別なスキルなどがなくても東京で仕事を始めることは十分可能です。


未経験だからと諦めてしまうのは勿体ないですね。東京では職を探している方は手当たり次第に応募するという方も多くいます。

インプットの機会がある

多くの情報、掘り下げた知識や技術など、様々な部分を強化していくことが可能となるでしょう。

会社規模に関わらず、本社・本部が東京に存在している会社は非常に多く、そこでは様々な研修や勉強会が定期的に行われています。そのため、インプットの機会を多く得ることが可能となるでしょう。

プライベートでのイベントもたくさん

大きな会場、人気のショップイベント、博覧会や展示会など、東京では日々様々なイベントが行われています。

そのため、プライベート時間が充実した日々を送ることが出来るでしょう。今までは遠くて諦めていたイベントなどにも、積極的に参加できるようになります。

大きいものから小さな規模まで様々あり、そこで新しい発見や出会いを見つけることが出来るかもしれません。

デメリット

メリットをご覧頂きいかがでしょうか?
全てがメリットと感じるほど、魅力が多い東京ですがデメリットもあります。

競争が激しい

東京は求人数が多くありますが、それに比例し応募者数も多くなります。
人気のある業種などは倍率も非常に高くなるため、希望通りの仕事をすぐに決めるのは難しいでしょう。

アピールすべきスキルなどが何もない場合、「仕事を決める」という、それだけでも大変な思いをするかもしれません。

通勤がしんどい

電車通勤の場合、1本2本遅らせても常に満員となってしまうため、通勤だけで体力がすり減ってしまうなんてことはざらにあるでしょう。

また、通勤時間帯は車も多くなり、いつも以上に時間がかかるなんてことも。多くの企業の始業時間は同じ時間帯なので、通勤時間は特に集中して人が増えます。

知り合いがおらず寂しい

大阪から東京に出てきたはいいものの、知り合いがおらず寂しく過ごすという方も少なくありません。

SNSで近況を報告したりリモート飲み会なんてこともできますが、たまには会って話したいと思うものです。

簡単に会いに行ける距離ではなくなるため、どうしても寂しさが出てしまう場合もあります。

物価・家賃が高い

給与が高い反面、生活に必要な物の物価や家賃相場が高いというのが特徴です。

そのため、給料がいい仕事が見つけられたとしても生活費で多くが消えてしまうという事も大いにあり得ます。

東京都内23区内では平均的な家賃が7~8万円程度になり、大阪市内では5~7万円前後となっており、2万円以上もの差が出ることもあります。


東京で暮らすことで金銭感覚がおかしくなってしまうという方も少なくないでしょう。

上京までにやっておくこと

上京によるメリット・デメリットを把握すれば、あとは上京前の事前準備です。

物心ともに抜かりない用意が出来ていれば多少の事が起きても、揺らぐことはありません。
より良い上京、転職をするためにも確認しておきましょう。

上京費用の用意

東京ですぐに仕事が見つけられる保証はありません。

例え就職先を決めてからの上京であっても、給与をもらうまでの一か月生活するためには、大阪で暮らす以上にお金がかかります。

そのため、余裕を持った上京費用を用意しておく必要があるでしょう。
可能であれば、予想している費用の1.5~2倍ほどの上京費用があれば安心です。

上京しても困らないために!転職上京の流れや準備物などをご紹介 地方就職と上京就職の違い 転職する際、「地方で働く」「上京して働く」の選択肢があります。新卒でも同様に考えた人もいるかも...

転職先の確保

上京する前にできるだけ転職先を確保しておく必要がります。前述でも説明しましたが、東京は生活するのにとてもお金がかかります。

仕事を決めるための費用などもばかにはなりません。そのため、上京前に転職先を確保することで余計な出費を減らすことが出来るでしょう。

一日過ごすだけでも必ずお金はかかります。仕事を決めずに上京するのは非常にリスクが伴うため、確保してからの上京をオススメします。

手続きの処理

転職に必要な書類、引っ越しに必要な書類などをきちんと準備しておきましょう。

上京後に処理の終わっていない手続きなどが発覚した場合、面倒な手続きが発生したり本人が戻らなければいけないという事もあり得ます。

余計な交通費、時間や手間もかかってしまうため、必要な手続きはしっかりと処理しておきましょう。

転職活動に必要な準備について 転職活動を成功するためにしっかり準備しよう 転職活動には準備が必要です。転職準備には、以下の4点を把握することが重要です...

大阪から東京に上京した人の体験談

大阪と東京、人から見聞きした情報だけでは不安は和らいでも完全に安心する事は出来ません。

そういう時には、実際に同じ境遇の方の体験談や情報を見て参考にしておくと良いでしょう。
いくつかの大阪から東京への上京された方の体験談をご紹介します。

大阪府出身・25歳会社員/男性

大阪から東京に上京してまず驚いたのは人の多さです。平日、土日、朝、夜関係なく、常に人がたくさんいることに驚きました。

それに、全ての値段が高いです。家賃もそうですが野菜とか肉とかの食料品、生活雑貨などが基本的に高いと感じました。探せば安いお店もありますが、よく比較してから購入しないと失敗しますね。

毎月の給料は、大阪にいる時よりも増えましたが、出費も増えているからあまり良い思いは出来てません。だけど、毎日騒がしい街にいるため寂しさを感じる暇もなく過ごすことが出来ています。

ホームシックにもならないくらい楽しくて充実しているので、東京に出てきてよかったと思っています。

大阪府出身・25歳アパレル関係/女性

働いている会社の辞令で東京本社へ異動してきました。仕事に対する不安などはありませんでしたが、東京という場所はあまりいいイメージがなかったので心配でした。人が冷たいとかよく聞くので。

大阪特有の人柄とかは全くなくてやっぱり違うなと感じましたが、運が良かったのか周りの人たちはとても優しくていい方ばかりでした。

私の大好きなアパレルメーカーのショップがあったり流行りの食べ物や飲み物も普通に買えたり大阪では味わえない新鮮な毎日でした。町中をただ歩いているだけなのにみんなモデルのように素敵で、その影響から自分も本格的にオシャレを楽しめるようになって、たまに帰省すると垢ぬけたと評判です。

東京に来たことで自分磨きもできてとても嬉しいです。これからも東京で頑張っていきたいと思っています。

大阪府出身・28歳IT関係/女性

とにかく東京はお金がかかります。何をするにもお金がないと何もできません。

給料が大阪よりもいいと言われてますが、自分は特にそんなことは感じられませんでした。多少は増えましたが、出費の方が多くて常にカツカツです。正直しんどいです。

通勤は電車なので毎日ぎゅうぎゅうに詰められた電車に乗って出勤するだけで疲れてしまいます。東京は確かに夢があるし毎日にぎやかで楽しい場所ですが、自分は大阪の方が性に合っているように感じています。

会社の人たちはみんないい人ですが、中には関西弁をバカにする人もいたり大阪を見下しているような感じの人もいて気分が悪くなることもあります。

こっちで友達もできて楽しい日々は送れてますが、きっといつか自分は大阪に戻ると思います。

まとめ

大阪と東京は比較しても大きな違いはあまりないかもしれません。大阪も関西の中では大きな都市で仕事もたくさんあります。

しかし、日本の中心でもある東京に上京したいと思う方は少なくないでしょう。しっかり準備を行い気持ちを切り替えることで、東京でも上手くやっていける確率はグッと上がります。

その前に、可能であれば上京までに一度東京に遊びに行ってみてはいかがでしょう?実際に目で見てどんな場所なのかを確認することも大切です。

まずは知ることからスタートし、どのくらいの違いがあるのかその目で確かめてみてはいかがでしょうか。