異業種転職

異業種転職で失敗するのには理由があった!原因や失敗しないコツを解説

異業種転職についての心構え

異業種転職での心構えで最も重要なのは、「リスクへの覚悟」です。待遇面、給与面、職場環境など、何かしら今よりも下がる部分は出てきます。全てにおいて今まで以上という訳にはいかないでしょう。

しかしそれらは、この先の自分の頑張り次第で十分改善されていきます。

最初は必ず何かを諦める必要がありますので、こうしたリスクに対する心構えをしっかりと持ちましょう。

異業種転職における失敗のケース

転職活動に失敗

そもそも活動の段階で失敗を犯してはいませんか?ここで挫けてしまってはどう頑張っても先に進むことはできないでしょう。

転職活動は将来への道にまっすぐ進むための第一段階です。この転職活動の失敗とはどういった事なのかをご紹介致します。

書類が通らない

  • きれいな字で見やすく書けているか
  • 間違いは訂正してあるか
  • 汚いまま提出していないか
  • 読みやすく簡潔にまとめられているか

書類選考が通らないというのは、多くの場合こうした見やすさが欠けているという点が影響しています。

志望動機に具体性がかける

まずはとにかく自分に興味を向けさせることが大切です。企業は何十、何百という応募者を見ていますので、少しでも他と違うように見せる事が大切です。

リアリティを出し、興味を惹きつけられるような志望動機を記載すれば目に留まる率はグッと上がるでしょう。

面接がうまくいかない

行き当たりばったりでチャレンジしては失敗の確率が高まります。十分すぎるほどの準備を必ず行い、心にゆとりをもって臨むことがカギとなるでしょう。

書類では伝えきれなかったアピールポイント、企業に対する熱い思い、自分の将来への希望などをまっすぐに面接官に伝えられる大きなチャンスです。

転職先に失敗

上手く転職が成功しても、実態を知らずに入ることで結局失敗してしまうなんてこともあり得るでしょう。折角入社することが出来ても、これまでの苦労が水の泡となってしまいます。

必ず事前に確認すべきポイントをきっちりと押さえておきましょう。

労働環境や雇用条件の理解が足りない

転職の理由で多くあげられるのが、前職での労働環境に対する不満です。せっかく新しい職場へ行っても同じことの繰り返しでは意味がありません。

説明会やOBの話しが聞けるならこうした部分は徹底的に聞きましょう。外からは分からない内情などもあるかもしれません。

社風やスキル等のミスマッチ

希望する会社の社風はご存じですか?自分の持つスキルを活かすことが出来ますか?昨今では企業により様々な社風があります。

同じ業界であっても全く異なる場合もあるため、入社後に知って「こんなはずじゃなかった」とならないように、事前に情報を集めよく考える必要があります。

異業種転職に失敗する人の特徴

異業種転職に失敗してしまう人には少なからず共通する特徴があります。

この部分をしっかりと把握し気をつける事で、失敗を回避し新しい環境での再スタートを楽しむことが出来るでしょう。

転職先についての情報不足

転職先についての情報を十分集められずに入社した場合、多くの方が「想像と違う」「合わない」「前の職場の方がマシだった」と思ってしまうでしょう。

働いていくうちに改善されていく場合もありますが、半分以上の割合でまた転職を繰り返すという方もいます。

しっかりと事前に様々な情報を得ることで、こうした失敗は回避可能です。ネット情報、求人情報のみだけでなく、実際の社員、OB、関係企業などからのリアルな声をぜひ収集してみて下さい。

前職の仕事のやり方に引っ張られてしまう

仕事の進め方、様々なタスク管理の仕方、業務の進行方法など、企業により様々なやり方が存在しています。

「郷に入っては郷に従え」という言葉があるように、その企業のやり方に倣って行うようにしなくてはいけません。

前職のやり方を引きずっていては職場に馴染むこともできませんし浮いた存在となってしまうことも。

失敗事例

失敗事例①

仕事の退職を決めてから転職活動を行ったので、とにかく早く次の仕事先を見つけたくて焦っていました。

提示されている条件や勤務形態などはしっかりと確認したつもりだったのですが、いざ入社してみると希望している職種ではなく全く別の部署への配属になり、やりたいと思っていた仕事が出来ませんでした。

何のために異業種転職したのか分かりません。

上記は事前準備が足らず失敗してしまった例です。

早く見つけるという一点に集中しすぎて、情報収集を疎かにしてしまった結果、入社後に様々な食い違いや希望と異なる面が多いことに気付くのは、実はよくあるケースです。

失敗事例②

前職ではそれなりの地位があるポストにいました。

異業種での転職をしましたが、通じるところも多い業種でしたので、これまで通りの働き方で業務を進行してきました。

しかし、周りからは良く思われていなかったみたいです。自分はそんなつもりはありませんでしたが、周囲からは「前職の地位を引きずってる」「頑固で扱いにくい」なんて風に思われていたみたいです。

効率も良く自分が慣れているやり方でやっていたのですが、それがこんな風に職場環境を悪くしてしまうなんて思いませんでした。

意図せず職場環境を自分の行いのせいで悪くさせてしまうという事もあり得ます。

他社員からしてみれば、職場のやり方を否定されている気がすると思う方もいるでしょう。自分にそのつもりはなくても、目の前で他のやり方を自信満々にされては少し嫌な気分にさせてしまいます。

企業が変わればやり方も変わります。社員はチームと考え、単独行動は慎むようにしましょう。

異業種転職の失敗を未然に防ぐポイント

異業種転職の失敗は様々な原因から起こりますが、それらは全て回避することが出来るものばかりです。

共通するのは「行き当たりばったりの転職は絶対NG」という点です。やりすぎかな?と思うくらいの準備を重ね、自分に自信をつける事が肝心です。

ここでは、失敗を未然に防げるポイントをご紹介致します。

社風や雇用条件等転職先について徹底的に調べる

入社後に「自分には合わなかった」という事は絶対に避けたい部分。今はネットで検索すれば多くの情報を得られるので、全てを鵜呑みにはしないものの、しっかり調べ上げる必要があります。

また、転職先企業の社員さんなどに話が効けるのであれば様々な部分を聞くようにしましょう。取引先などからも話が聞ければ最高ですね。

内側からしかわからない社内事情や社風、どんな人が働いているのかなど、表面上では分からない部分も徹底的に調べることで、安心感を持って転職に臨めます。

自身のスキルが活かせる職種を目指す

業界や職種が変わっても、自分の武器を最大限活かすことのできる職種を目指すことで成功率は格段にアップします。

全くの未経験、資格もない、経験や知識もない状況でも、何か一つでも強みがあることで自分を奮起させることもできるでしょう。

憧れや希望だけで業界を選ぶのではなく、そこに自分自身の持つスキルを盛り込んで選択することで、大きな活躍の場を手にすることも可能となります。

志望動機・自身のアピールポイントを具体的に明確に

多くの方が自分の強みや自分の考えを上手くアピールすることが出来ていません。「華やかな業界に憧れています」「コミュニケーション能力に自信があります」というだけでは印象にも残りません。

なぜそう思ったのか、どんな理由があって自分の強みとしているのかなど、具体的な要因が必要となるでしょう。明確な理由を話すという事は、自分自身をしっかりと理解し分析できている証拠にもなります。

持っている資格はしっかりアピール

「この資格はこの業種に関係ないから言わなくていい」なんてことは一切ありません。必ずどこか繋がる部分はあります。

また、資格を持っているという事は、専門的知識を保有している・しっかりと学び自分の力にする能力があるということを企業にアピールすることが出来ます。

どんな資格であっても簡単に取得できるものではありません。自分の持っている大きな武器として、自信をもって資格保有という事をアピールしてください。

まとめ

  • 転職先企業の徹底的なリサーチ
  • 自分自身の分析
  • 具体的な志望動機やアピール

異業種転職における失敗は、上記のような準備部や調査不の不足によって引き起こされることがほとんどです。そのため、しっかりと転職活動に向き合うことで大抵の失敗は回避できるでしょう。

異業種であれば企業だけでなく業界への理解を深めることも必須です。

手間を惜しまず多くの時間をかけて準備を行う事で、安心感をもって異業種転職に臨む心持が出来上がります。