都市をハッキングするアーティスト、Graffiti Research Labが日本上陸!
2008.09.17.Wed
Category : Features / Interview

eagle_white._THIS_ONE.jpg
レーザーポインタで建物に光のグラフィティを描く"L.A.S.E.R Tag"(レーザータグ)などのプロジェクトで知られている、NY発のアートユニットThe Graffiti Research Lab(以下GRL)が日本にやってきた!ユニークなアートワークとともに、作品の技術をオープンソースで公開していることでも知られている彼ら。アートとストリートとコンピュータ、すべてのカルチャーを取り込んで唯一無二のスタイルを確立している。CBCNET主催のAPMT4で来日したエヴァン・ロスに、アートをオープンソースで発信する理由や彼らのバックグラウンドについて訊いた。

■The Graffiti Research Labとは?
GRL_3.jpg
The Graffiti Research Lab(GRL)とは:Evan Roth(エヴァン・ロス、写真中央)とJame Powderly(ジェイム・パウダリー)によって2006年に設立され、グラフィティーライターやアーティストに新たなコミュニケーションのためのオープンソースなテクノロジーを提供することを目的に活動している団体。写真はGRLの個展にてデザインとペインティングを担当したメンバーとともに。
GRLの二人のメンバー、エヴァン・ロスとジェイム・パウダリーが出会ったのは、二人が奨学金を受けて入った米国の研究機関"Eyebeam Labs"にて。それまで建築デザイン、WEBデザインを手がけていたロスと、ロボティクスの研究をしていたパウダリー。全く違うバックグラウンドを持つ二人の初めての共同作品がLEDに粘着テープを装着し、投げ合って楽しむ"LED Throwie"(2006年)。これが高い評価を得、GRLとして活動することになった。

高層ビルの一面にLEDでGIFアニメを映し出す"Drive-In GIF Theater"など、たくさんのアートワークを手がけるGRLだが、メインポイントは2つ。一つは新しいテクノロジーやマテリアルを人々に届けること。もう一つは人々が発言する機会を作ることだ。「街には大きな看板があるけど、掲載するには大金が必要だよね。レーザータグは都市に住んでいる自分たちがメッセージを載せてコミュニケーションする手段なんだ」(ロス)

■光のグラフィティ"レーザータグ"
grlshibuya450.jpg
渋谷で行ったレーザータグ。この次の日には新しい看板が掲げられていたので、ギリギリセーフ!
GRLの名を世界に知らしめたプロジェクト"レーザータグ"は、レーザーポインタを使って建物に光のグラフィティを描くインタラクティブアート。一体どのような仕組みで動いているのだろうか?

「これはモーション・トラッキングを使っているんだ。まずビデオカメラをコンピュータに繋ぐ。そしてレーザーペンから発信する緑の光の情報だけをカメラが認識し、ソフトウェアに位置情報を伝える。プロジェクターはその情報に基づいて緑のポイントを追い、白い光をリアルタイムで投影していく。どれくらいの距離まで投射できるかはプロジェクターの性能で限界があるから、プロジェクタのレンズ前に画角を調整するものをつかったりしている。現場には数人のグラフィティ・ライターを招いたり、周囲の人にレーザーペンを渡して好きなように描いてもらってるんだ。グラフィティしたタグを消去する時はソフトウェア上で操作するんだ。」(ロス)

ちなみに広告会社からレーザータグを商業的に使いたいというアプローチは多いが、営利目的には絶対使わないというポリシーを持っているところもGRLらしい。

「若い子たちはグラフィティはカッコイイと思うけどコンピュータ・コードには興味を持たないよね。だからグラフィティにコンピュータを合わせるのはすごくいいやり方だと思った。それにレーザータグのようなプロジェクトを通して、その性質上、秘密主義のグラフィティ・アーティストたちと情報交換できるようになったんだ」(ロス)

■ジョシュア・デイヴィスの影響でオープンソースを知った
opensouce450.jpg
L.A.S.E.R Tag 2.0。コードのダウンロードはこちら
“L.A.S.E.R Tag”の技術は、オープンソースとして公式サイトで公開されており、これまでにオーストラリアや日本でもフォロワー達が独自のレーザータグを行っている。GRLバージョンはWindowsのC++だが、フォロワー達によるMacのJAVAバージョンなども制作されている。自分の好みにカスタマイズし、どんどん発展していくのがオープンソースの素晴らしいところだ。

そもそもオープンソースとは、コンピュータ業界で使われてきた言葉。デザイナーだったロスとオープンソースとの出会いは、Webアーティストのさきがけであるジョシュア・デイヴィスの作品からだった。ロスは「1999年ぐらいに、デイヴィスがデザインのコミュニティではじめてオープンソースを公開したんだ。彼が作ったFLASHのコードを見て僕もやってみたんだけど、すごく楽しかった。無料だったから勉強することができたんだよ」と当時の事を語る。

GRLのオープンソース志向は6ヶ月前に初めたもう一つのWeb上のプロジェクト"FFFFF.AT"にて、さらに進められ、プロジェクトに関わる詳細な写真やアート・テクノロジーが公開されている。こちらもぜひチェックしてみて欲しい。

また、彼らの情報共有への徹底したこだわりが感じられるのが、GRLの2006~2008年の2年間の活動を収録したDVD作品「コンプリート・ファースト・シーズン」のフリー・ダウンロード。パッケージ版の販売も行っているが、基本的には全てのコンテンツを公式サイトから無料でダウンロードできる。ジャケットを飾るのはメタリカのメンバー、ラーズ・ウルリッヒ。アルバムの楽曲ダウンロードに反対していたアーティストだけに、アイロニックなユーモアも見逃せない。
giant_glove.jpg
ロスがEyebeam Labsにて行った「whiteglovetracking」もオープンソースのプロジェクト。マイケル・ジャクソンが"ビリー・ジーン"を歌っているビデオで白い手袋の部分だけを抜き取り、他のものに変えてしまうというもの。巨大な手袋から燃え上がる手袋まで、さまざまな作品が作られた。プロジェクトに寄せられた作品はこちらから。


■グラフィティ=ハッキング
graf_tax_E_full.jpg
"Graffiti Taxonomy"
GRLのバックボーンにはグラフィティ文化があるが、彼らをスペシャルな存在にしているのはそのアプローチ。デザインの世界にいたロスは、NYでグラフィティに興味を持ち、タグを撮影してはデータベースとして蓄積することを始めた。2005年にはデジタルシステムを装着したマーカーでグラフィティ・アーティストにグラフィティを描いてもらい、その動きをキャプチャするプロジェクト"グラフィティ・アナリシス"で、静と動の両面からグラフィティを研究している。このように様々なアプローチを行う理由については、「いろんな理由でグラフィティを嫌っている人も多いけど、違う観点から見せたかった」からだと言う。ヒップホップコミュニティに入り込むのではなく、研究者として傍観する試みがユニークだ。

「僕の願いはハッカーコミュニティとラッパー(ヒップホップ)コミュニティを握手させること。ハッカーがコンピュータに侵入するみたいに、グラフィティで街に侵入する。グラフィティは平面に描かれたものだけではなくて、街にオブジェを出没させることをも含むんだ。」(ロス)

GRLにとってグラフィティとは何かに侵入し、自分の足跡を残す”ハッキング”と似た意味を持つ。 BANKSYが行った、大英博物館やテート・ブリテンなどの美術館に自分の作品をこっそり置いていったアートプロジェクトもそう。"L.A.S.E.R Tag"も都市へのハッキングなのだ。
buisinesscard.jpg
これが彼らの"名刺"。紙幣をステンシル!これもハッキングの一つ。
アーティストとして本格的に活動するまでに様々な経験を積んできたロスは、「デザインを志す学生だと、仕事にすることを考えてポートフォリオを作るのにたくさんの時間を費やしてしまうことが多いよね。でも、それは時間の無駄だ。もし面白いポートフォリオを作りたいなら、仕事にすることを忘れて作品を作り続けること。そしていいものを作るしかないんだ。楽しくて、意義深くて、パワフルなものを。」と語る。

■暇な時間でアートを作っちゃおう
hellokitty_vs_cigarettes.jpg
SKYMALLの一つ。"hellokitty_vs_cigarettes"
ほかにも、ロスはソロ・ワークを準備中。ただいま進行中の"エアポート・プロジェクト"は、世界を旅して回る彼らにとって、一番暇な時間を有効活用したいと考えたことから生まれた。飛行機の雑誌から人の顔など、いろいろなものを千切って作るアート"SKYMALL"や、前の人がシートを倒せないようにテーブルを結びつけてしまう"How To Keep Motherfu#%s From Putting Their Seats Back"などを発表した。また彼は「いつでもどこでもできるアート」を構想中だという。「Eメールを使ったプロジェクトを構想している。自作のメールアプリケーションで、届いたメールの文章が長かった場合「短くしてもう一回送って」って返事を勝手に送るんだ(笑)」(ロス) この遊び心もGRLを魅力的なアートグループにしている要素の一つだ。

テクノロジーに溺れず、ひらめきと遊び心を大切にしたGRLのアートはこれからも世界のファンをワクワクさせてくれるだろう。果たしてヒップホップ文化とハッカーの架け橋となるか?東京支部も作られるというGRL、今後の活躍にも期待!

The Graffiti Research Lab(以下GRL)
FFFFF.AT

■おまけ
pekin450.jpg
ちなみにGRLの相棒ジェイム・パウダリーが日本に来ることができなかったのは、北京オリンピック会場で「チベット解放」のメッセージをレーザーステンシルで投影するプロジェクトに参加したところ、当局に拘束されてしまったため(現在は既に開放された)。北京ではインフラが整っていないため、レーザーの小さな点をレンズを使って拡大し、ステンシルで文字を表示するという工夫まで行ったが、発表は叶わなかったという悲しいエピソードが…。これがテスト画像。
トラックバック